「家庭連合」の研究。

「世界平和統一家庭連合」は神に帰れ。

●基督は、ユダヤ教・キリスト教の伝統の基に使命を果たされます。「聖書」と「原理講論」に帰り、成約聖徒としての使命を全うしましょう!

連載「韓鶴子女史自叙伝」7・徳野英治会長の「真の父母完全一体」は虚構である。

f:id:touituseiden:20200311054244j:plain

「真の父母一体宣布」は韓鶴子女史絶対服従が前提の条件宣布であった!


 

●はじめに

家庭連合信徒の方とお話しした時、必ず主張する二つの事がある。

それが、「オモニムの3年侍墓精誠」と2010年から全世界で巡回講演で語られた「最終一体宣布」である。

家庭連合の方はいう。

オモニムに多少の間違いがあるのは仕方がない。けれど、アボニムは2010年からの「最終一体宣布」で「真の父母様御夫妻は最終一体を成し、完成・完結・完了」と全世界で講演したではないか」と。「この一点がある限り、私はオモニムを絶対的に信じる!」と言う。

 

上記の信徒と同じ理論を常に駆使するお方がいる。

徳野英治会長である。

御存じのとおり、徳野英治会長による年頭の辞も、今回の自叙伝の紹介も、必ず強調する一点は、オウム返しのように真の父母完全一体」である。

結論から言うと、この家庭連合信徒の方の主張も、徳野英治会長の主張も、再臨主文鮮明師の「最終一体宣布」の真意を正しく理解していないのである。

 

韓鶴子女史の3年侍墓精誠の言及箇所

『多くの人々が、この地に顕現した真の父母とは誰なのか、その真の父母がどのような犠牲の道を歩んできたのかを知らないまま、今もそれが自分とは関わりのないことのように生きています。そのような人々に気づいてもらうために、文総裁の妻である私が、全人類に代わって三年間、一日も欠かさずに侍墓の精誠を捧げたのです。』韓鶴子女史自叙伝P32・6~9行目)

ただし、この韓鶴子女史の3年侍墓精誠であるが、実際「天正宮」で現場を見てきた文亨進様の証言は次のようになる。「韓氏オモニは天正宮で通常と何らかわらない生活をしていただけ」である。

 

f:id:touituseiden:20200325063902p:plain

2010年7月より世界巡回。通称「最終一体宣布」とよぶ。



 

●「最終一体宣布」解題その1
前提条件は「尊称・ハナニム」と「八大教材教本は人類の遺言」


1)韓民族は神様を「ハナニム」と呼んできた。

韓民族は、昔から神様を先祖の中の最高、最上の先祖として崇め敬って生きてきた天孫民族です。ただおひとりであられる万人の先祖、その方を「おひとりのお方」、すなわち「ハナニム」と呼び、主人(昼と夜の創造主)として侍ってきたのであり、したがって、全ての数の起源も「ハナ(一)、トゥル(二)」から始まったのです。』(P46~47)

*ところが韓鶴子女史は、再臨主文鮮明師の御言を守護せず、祈祷尊称を「神(ハナニム)」から「天の父母様」に替えてしまったのである。


 

2)八大教材教本は人類の遺言である。


『皆様、真の父母様は、既に人類のための遺言を準備し、残しました。一生に6度、7度も生死を行き来する獄苦を経ながらも勝利し、準備した遺言書です。永遠なる人類の教材・教本として8種類の本を残しました。冊数としては1000冊を超える分量です。『文鮮明先生御言選集』『原理講論』『天聖経』『家庭盟誓』『平和神経』『天国を開く門 真の家庭』、『平和の主人、血統の主人』、『世界経典』、このように8種類の書籍です。この教本は、皆様が霊界に入っていっても読み、学ばなければならない本です。決して人間の頭脳から出てきた言葉や教えではありません。天がかわいそうな人類を救援するために下さった天道を教える教材、教本だからです。』(P56~57)

*ところが韓鶴子女史は、再臨主文鮮明師の遺言を守護せずに「八大教材教本」を「天一国三大経典」に改竄。この中に「原理講論」「世界経典」は含まれていない。

 

 

●「最終一体宣布」解題その2
「最終一体宣布」は韓鶴子女史の絶対服従前提での「条件宣布」であった!

『ところで、ここでいう3時25分の3数は初不得三の3時代を代表するものであり、旧約、新約、成約の3時代を象徴する数です。そして25分の25数は100の4分の1を象徴します。既に真の父母様御夫妻は最終一体を成して、完成、完結、完了の基準で、全体、全般、全権、全能の時代を奉献宣布されたのです。』(P63)

 

●真のお父様がこの一体宣布を解説した御言
●『一心一体宣布』は「お母さんとの秘密文書」の基に宣布されたもの)
『天暦2010年5月15日、その日が重要です。それがお母さんとお父さんが最後に宣言した秘密文書です。これは昼夜の神様も知らないものです。天暦2010年5月15日午前3時25分とは何なのか。その時の出来事を中心に、その後の方針を密かにお母さんと約束しました。間違いなく、お母さんがお父さんと一体となって歩む約束した時間です。それまでは、お母さんがお父さんと一つになって行くという話をしませんでした。神様と世界に公布できませんでした。それを公布した時間が、天暦2010年5月15日午前3時25分でした。この3時25分が重要です。3時は3時代を示し、25分は100年を中心として4分の1を示します。堕落した世界の終幕前においてお母様がお父様と神様を中心として約束しましたが、それが天暦2010年5月15日午前3時25分の出来事でした。それが題目になっています。そうして「25分は100の4分の1数に該当し、3時は初不得三(精進すれば成功するの意味)の3時代を代表し、旧約・新約・成約時代の完成・完結・完了の時代を奉献することを表す!」としましたが、ここに全て入るのです。純潔・純血・純愛の完備を見るアリアスカイ(Aria Sky)スタジオで、天暦5月8日(陽暦6月19日)20分に発表完結される!と言いました。全てが終わってお母さんと完全に霊界に奉献することのできる祈祷を捧げた時間です。「完結される、アジュ!」となっているので終わったのです。』(『統一世界』2010.6Vol473P10・2010年7月1日) 

 

●「最終一体宣布」解題その3
「2回の一体宣布」は「真の後継者宣布」を護るためのもの。

f:id:touituseiden:20200325075838p:plain

「代身者・相続者は文亨進である。その他の人は異端者・爆破者である」とする揮毫

 

●揮毫にはこのように記してある。
『万王の王はお一人の神様、真の父母様も一人の父母、万世帯の民も一つの血統の国民であり、一つの天国の子女である。天宙平和統一本部も絶対唯一の本部だ。その代身者・相続者は文亨進である。その外の人は、異端者・爆破者である。以上の内容は、真の父母様の宣言文である 文鮮明印』(2010年6月5日)

→しかし、この直後に韓鶴子女史は、この揮毫の公開を伏せようとした。

 

 

●2回のラスベガス一体宣布の意味するもの
以下の中村仁史氏の礼拝動画を参照いただきたい。

 

●説教題 
「真の父母最終一体宣布」におけるお父様の心情と摂理的背景
●説教者:中村仁史(元光言社・天一国三大経典翻訳責任者)
YOUTUBE

youtu.be


「最終一体宣布」は、上記の・宣言揮毫」の直後に(上記御言では6月19日)ラスベガスのスタジオで収録された。
この「最終一体宣布」は、御言にあるように韓鶴子女史の絶対服従の約束の基に出された条件宣布」なのである。

●「代身者・相続者宣言」を守護するための「2度の一体宣布」

中村仁史氏の礼拝説教の結論は以下のとおりである。

1)再臨主文鮮明師は、「代身者・相続者は文亨進宣布」を行ったのであるが、韓鶴子女史がそれを認めず反故にする可能性があった。
2)そこで、文鮮明師は韓鶴子女史に絶対服従を誓わせ「2度の真の父母一体宣布」を条件宣布として行った。
3)その結果、韓鶴子女史の背信があろうとも、「代身者・相続者は文亨進」宣布はサタンに讒訴されずに保護され、そのまま残される条件が成立した。

●ところが、結論として、韓鶴子女史は再臨主文鮮明師と真の血統相続者「文亨進様」を背信し、自分を「女性メシア」とし、家庭連合統治を確立してしまったのである!

 

●おわりに

結論徳野英治会長が叫ぶ「真の父母完全一体」は全くの虚構である。

一番大切なポイントは、韓鶴子女史が、アボニム聖和後に一度も、「実体み言宣布」のみ言やその内容について言及していないこと。

更に、韓鶴子女史は「独生女論」を語るのみで、最終一体を主張しているのは、家庭連合指導者達でしかない。おまけに、この「実体み言宣布」のみ言の大前提は「ハナニム」と「八大教材教本は遺言」なのであるが、自分の都合の悪いことは一切ふれないという狡猾さである。

 

 

おわり。祈り、アージュ

 

 

 

 

 

●共感した方は応援クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

 

  ●「 日本教会教義研究室」2つのお伺い書
ダウンロードは以下↓↓↓よりお願いします。

 

drive.google.com

 

drive.google.com


●『成約摂理解説4章2節』↓↓↓

日本家庭連合はどのように「独生女論」を構築したかの証拠資料です。

drive.google.com

 

●以下の2つの記事のダウンロードもお勧めします!

 韓鶴子オモニを許しましょう。」劉正玉会長の証言。
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 

●『文亨進様が真の後継者であることを立証する60の論題』
●「完全ダウンロード版』は以下↓をクリックください。
 

drive.google.com

以上

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村●連絡がとりたい方はメールでお願いします。maile-address: kawahara@yui0123.com