「家庭連合」の研究。

「世界平和統一家庭連合」は神に帰れ。

●基督は、ユダヤ教・キリスト教の伝統の基に使命を果たされます。「聖書」と「原理講論」に帰り、成約聖徒としての使命を全うしましょう!

連載「韓鶴子女史自叙伝」その4・中国共産党「習近平」を助け「平和の母」といえるのか。

f:id:touituseiden:20200311054244j:plain

中共習近平」はウイグル200万人を監禁し、臓器売買を続けている。

●はじめに

これほど虚飾に満ちた本はない。韓鶴子女子は本文(P220)の中で、自分は「第二教主」であることを宣布している。ならば、再臨主文鮮明師の命に従い神の復帰摂理の基軸を死守しなければならない。現在、悪の枢軸中共習近平」である。中国国内で繰り返されている殺戮行為を野放しにして、「平和の母」を名乗ることはできない。

 

文鮮明師の伝統破壊者の証明2
韓鶴子女史は、悪の枢軸中国共産党習近平」の罪業を放任した!
家庭連合韓国本部は「無神論共産主義」に何も施策を講じていない!

 

中国共産党習近平」の罪業は以下のとおり。

 

●世界は「反習近平スクラム」を構築した!

ロシア革命から一世紀。今だに日本政府は共産主義の歴史的な総括が出来ていない。米国は2017年11月7日『共産主義犠牲者の国民的記念日』を制定、共産主義を「生命の尊厳を顧みない政治思想」と断罪。欧州議会は2019年9月19日『未来の欧州のための過去の欧州の価値を想起する決議』で、 「ナチス共産主義者、その他の全体主義政権による侵略行為、人道に対する罪、大量の人権侵害を最大限の強い言葉で非難する」と発表。明らかに中共の独裁覇権主義を牽制。2016年5月、エリザベス女王は、前年訪英した「習近平一行」を「彼らはルード(失礼) 」と発言。それを境に「ファイブアイズ(米国・英国・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド) 」は、一斉に反中国の旗幟を鮮明に。共産主義の本家本元のロシアは、2005年、共産革命記念日を祝日から除外、脱共産主義を宣言。中共幹部に媚びへつらい、笑顔で握手を交わすのは誰なのか。韓鶴子女史率いる「家庭連合」は共産中国の延命に手を貸してはならない。

 

 

●共産と自由民主のフロントラインは「香港」。
自由の戦士を見殺しにするな!

今、香港は戦場である。 「逃亡犯条例」改正に端を発し、 「一国二制度」を形骸化する中共の企てに、自由香港を死守する命がけの最前線の決戦場である。5年前の雨傘革命との違いは、中共政府が、香港も含む「天網」環視システム全土に整備、2000万台の環視カメラで顔認証監視を2015年より稼働した事だ。毎日、無慈悲に武装警察が活動家の認証を進め、拉致逮捕、その後ほとんどが消息不明となる。市内では自殺者、変死体が急増している。 6月以降すでに半年間でデモ隊約6000人が拘束、武装警察はこの半年間で約1万発の催涙弾を市民に向け発砲、10月1日からは市民に向け実弾の使用を開始した。アメリカ合衆国上院は11月19日「香港人権・民主主義法案」を全会一致で可決、デモを支持した。韓鶴子女史率いる「家庭連合」は何一つ実効性のある香港支援策を打ち出すに至っていない。

 

 


習近平は、ウイグル人を強制収容し
ジェノサイドを今この瞬間も進めている!


2018年国連人種差別撤廃委員会報告で、新疆ウイグル自治区に大規模秘密収容所が存在する事実が判明。その数少なくとも1300箇所、投獄者数200万人。イスラム教や言語、風習、文化を捨てる「政治再教育」を無期限実施し、従わない者に過激な拷問を加えている。更に中共政府は2016年より15歳から22歳までのウイグル人女性40万人を、自治区外に強制労働として送る5カ年計画を開始。これはウイグル人男性との離別、漢人男性との結婚を強制する民族根絶やし施策に他ならない。逆に新疆ウイグル自治区に大量の漢人を移住させ、民族浄化を進めている。ウイグル人の抗議活動は「テロとの闘い」の大義名分で、呵責無い公開処刑を実施。もはや「民族自決権」 「宗教の自由」を認めぬ中国共産党は「人類の敵」である。

 


法輪功の臓器売買は中共の組織的なメディカルジェノサイドだ!


1999年、江沢民政権は「法輪功」を邪教と定め弾圧を開始。以後、法輪功学習者は中共政権により逮捕、拘束、収容所での虐待や拷問受けている。投獄者数は数十万~数百万。2010年3月アメリ連邦議会法輪功学習者への迫害停止を求める605号決議案を可決。しかし一番の核心は、法輪功学習者を対象にした「臓器狩り」である。中国の臓器移植手術件数は、1999年から急上昇。中国医師の証言から20%が死刑囚移植、その他は「法輪功学習者」及び「ウイグル人」で、心不全を起こす薬物を注射、臓器を生きながら摘出し殺害していた事実が発覚。欧州議会は2013年12月12日、中国の強制的な人体臓器の奪取(臓器狩り問題)を即刻止めるよう中国政府に求める決議を可決。中共政府は今だに事実を認めていない。

 

 

●おわりに

韓鶴子女史・自叙伝」の中で、韓鶴子女史は、何度も「私たち夫婦は」という主語をもちいて、さも、過去に自分の再臨主文鮮明師の無神論共産主義との闘いに同参したかのような錯覚をもたせる記述に終始している。

しかし、これは偽りである。
勝共運動の主体は「再臨主文鮮明師」であり、韓鶴子女史が祈りの他に関与した実績は皆無である。

さらに、これを裏付けるのは、再臨主文鮮明師の聖和後、何もしていないのである。
この事実は、私も日本勝共連合に所属していた立場で、はっきり証言できる。
韓国本部は、文在寅にたいしても、習近平に対しても何ら施策を講じていない!

実践した平和運動施策は「ピースバイク」だけという愚かさである!

この7年間、共産主義の拡張を許した責任をだれがとるのであろうか。
なぜ、韓鶴子女史は韓国の勝共組織を解体したのだろうか。
韓国が赤化され、中共が世界を席巻せんとしている今、韓鶴子女史は「第二教主」「平和の母」としての使命を果たしたといえるのだろうか。
無神論共産主義に対する神側(アベル)としての責任放棄し、世界の最貧国に億万の信徒献金を投入しても神の国はできない。

 

おわり。祈り。アージュ

 

 

●共感した方は応援クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

 

  ●「 日本教会教義研究室」2つのお伺い書
ダウンロードは以下↓↓↓よりお願いします。

 

drive.google.com

 

drive.google.com


●『成約摂理解説4章2節』↓↓↓

日本家庭連合はどのように「独生女論」を構築したかの証拠資料です。

drive.google.com

 

●以下の2つの記事のダウンロードもお勧めします!

 韓鶴子オモニを許しましょう。」劉正玉会長の証言。
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 

●『文亨進様が真の後継者であることを立証する60の論題』
●「完全ダウンロード版』は以下↓をクリックください。
 

drive.google.com

以上

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村●連絡がとりたい方はメールでお願いします。maile-address: kawahara@yui0123.com