「家庭連合」の研究。

「世界平和統一家庭連合」は神に帰れ。

●基督は、ユダヤ教・キリスト教の伝統の基に使命を果たされます。「聖書」と「原理講論」に帰り、成約聖徒としての使命を全うしましょう!

中村氏を実名批判するなら自分の実名を公表しなさい!「真の父母宣布文サイト教理研究院公式反論文」への反論02

f:id:touituseiden:20200227195140p:plain

実名批判は自らの実名も公表するのがルールとなる。

●はじめに

中村仁史氏の礼拝動画に対する「真の父母宣布文サイト教理研究院公式反論文」の詳論に入る前に、「教理研究院」が犯した基本ルール違反を指摘しておく。

 

 

●相手を実名批判する際には自分の実名公表が最低のルール

今回、日本家庭連合「教理研究院」名で公表された、中村仁史氏への名指しの批判論文は、相手を名指しで批判する以上、「教理研究院」名での論文掲載では不十分であり、当然、自分の立場(役職)と実名も公表しなければならない。これが、実名批判文における最低限のルールとなる。(「教理研究院」の看板に隠れ、個人名の文書公開責任から逃れる事は許されない。)

もしかしたら、当サイト(「家庭連合の研究」)もルール違反ではないかという批判もあるかも知れぬので、お断りをさせていただく。
私の実名は川原徳昭和(かわはらのりあき・6000双祝福家庭)であり、これは、この「家庭連合の研究」サイト立ち上げ時点で、家庭連合への「退会届」を実名で公表しているのであるから、公知の事実であり、私の立場と所属も明らかに公表している。

その証左として、実際、わたしは、名指し(実名)ででなんども、こころない家庭連合所属信徒から批判文を掲載させられた経緯がある。(とりわけ、「奇知外記」の「tomy4509氏」は私の再三の身分と実名公表要請に対し、いまだに公にしていない。それどころか、今回も中村仁史氏の実名をあげ堂々と批判を展開しているようである。)

 

●おわりに

前回指摘させていただいたように、この「教理研究院」名における反論文の結びは、以下のように中村氏の言光社での翻訳者として積み重ねてきた業績を全否定する、厳しい指摘である。

「中村仁史氏は、光言社で長年にわたって真のお父様のみ言を翻訳する業務に携わってきた。しかしながら、彼は真のお父様の多くのみ言に触れながらも、み言の翻訳作業をしただけであって、真のお父様が語られたみ言の意味、本質までは理解できなかった。」(これを分かりやくす表現すると次のようになる。『君は長年み言翻訳の業務に携わってきてご苦労さんだった。だけど、驚いたことに御言の本質は理解せず翻訳していたんでね』

(*私は、中村仁史氏の心中を推し量り、代弁させていただく。そもそも、中村氏は、当然「教理研究院」の誰よりも、おそらく数倍の韓国語原典御言に目を通している事は疑う余地がない。そして、ここが大切なのだが、御言翻訳業務は、そもそも、「原理」理解の基盤なくしては成り立たない業務なのである。実はこのことを一番よく理解しているのは、他ならぬ「教理研究院」なのである。)

このような、厳しいことばで、中村氏の16年半に及ぶ、韓国語から日本語への御言翻訳業務を断罪するのであれば、みずからが「教理研究院」の看板の陰に隠れ、中村氏を実名批判する卑劣な行為が許されるはずがない。

この批判論文の中で、「教理研究院」の匿名O氏(仮名)は、中村仁史氏への批判を継続することを宣言しているのであるから、まずは、襟を正し、自らの役職名と実名を公表することから始めていただきたい。

 

祈り。アージュ

 

 

 

●中村仁史氏の「第二弾・公開礼拝動画」はこちら↓↓↓

説教題目は「天運と聖霊の宿る八大教材教本」PartⅡ
副題「真のお父様の神観と家庭連合の神観」です。

https://www.youtube.com/watch?v=aifQYs5VXtA

 

 ●中村仁史氏の「第一弾・公開礼拝動画」はこちら↓↓↓

説教題目は「天運と聖霊の宿る八大教材教本」PartⅠ
https://www.youtube.com/watch?v=BFu0pgvaG9M&feature=youtu.be

 

 

●共感した方は応援クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

 

●「日本教会御言研究室」が送った「二つのお伺い書」
ダウンロードは以下↓↓↓よりお願いします。

 

drive.google.com

 

drive.google.com


●『成約摂理解説4章2節』↓↓↓

日本家庭連合はどのように「独生女論」を構築したかの証拠資料です。

drive.google.com

 

 

 

●以下の2つの記事のダウンロードもお勧めします!

 

 

韓鶴子オモニを許しましょう。」劉正玉会長の証言。
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 

●『文亨進様が真の後継者であることを立証する60の論題』
●「完全ダウンロード版』は以下↓をクリックください。
 

drive.google.com

以上 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村●連絡がとりたい方はメールでお願いします。maile-address: kawahara@yui0123.com