「家庭連合」の研究。

「世界平和統一家庭連合」は神に帰れ。

●基督は、ユダヤ教・キリスト教の伝統の基に使命を果たされます。「聖書」と「原理講論」に帰り、成約聖徒としての使命を全うしましょう!

天一国は「宗教」「政治」「経済」が高度に成熟した世界(連載「60の論題」論題37)

f:id:touituseiden:20191118154208j:plain

文鮮明師は3人の子女様に政治・経済・宗教の使命を託そうとされた。

 

●はじめに

論題37)『天一国は「宗教」「政治」「経済」が高度に成熟した世界』(第08章「世界摂理推進者」)を「文亨進様が真の後継者であることを立証する60の論題」小冊子から、抜粋・配信します。

 

 

 論題37)◎天一国は「宗教」「政治」「経済」が高度に成熟した世界

『原理講論』の復帰摂理によれば、「天一国(地上天国)は「宗教」「政治」「経済」がそれぞれ最高度に成熟し実現される世界」とある。よって真の家庭の子女様が、それぞれ自らの使命を自覚し、「宗教」「政治」「経済」に対する各々の使命を果たす(「37-01」参照)べく一つになる事を、再臨主文鮮明師が願われたことは疑う余地がないのである。

 

●論点解説・引用御言一覧

37-01論点解説:(論題37・全体解説)
37-02引用御言:(「原理講論」第5章「メシヤ再降臨準備時代」)

 

 

37-01論点解説 :三人の子女様に期待をかけた文鮮明
文鮮明師は、七男・亨進様が全体を統括する「宗教」使命者であることを明言されました。さらに、抜群の渉外能力で世界的な平和運動を牽引した、三男・顕進様は「政治」使命者だとおもわれますし、自ら企業運営も手がける、四男・國進様は「経済」使命者であろうことは容易に想像がつきます。しかしながら、残念至極にも、文鮮明師の築いた「成約聖徒」基盤は、「聖和という名の十字架路程」ですべて灰燼に帰してしまいました。我々は、もう一度、「荒野40年路程」を文亨進二代王様と共に歩み、神様の復帰摂理を再建しなければならないのです。その中心的な役割を「宗教(教会)」が担うことは、当然の帰結と言わなければなりません。

 

 

37-02引用御言 :(宗教・政治・産業にわたる三次の革命で理想世界が実現される
『このメシヤ再降臨準備時代における三次の文芸復興に伴う宗教、政治および産業等三分野にわたる三次の革命は、三段階の発展法則による理想社会実現への必然的過程なのである。』(『原理講論』第五章(五)P537)

 

 

●おわりに

『文亨進様が真の後継者である事を立証する60の論題』(小冊子版・P110 500円)を販売致します。特徴は以下のとおりです。

1)真のお父様の御言他、資料等を可能な限り引用添付。
2)1990年代~略年表を基に、背景を分かりやすく解説。
3)神様と真のお父様の「心情」からの解題試案です。

 

f:id:touituseiden:20191109085732j:plain

 

●目 次

第01章 真のお父様
第02章 真のお母様
第03章 真の血統相続者
第04章 三代王権完成者
第05章 天の御言守護者
第06章 再臨主の伝統相続者
第07章 カイン・アベル一体勝利者
第08章 世界摂理推進者
第09章 実体的天一国創建
第10章 平和軍平和警察
第11章 文鮮明師の聖和
第12章 天一国国民


●添付資料

1)「主要三協会」の主張・簡略比較表
2)「成約摂理略年表」(抜粋版)

 

●購入方法

購入方法は、以下の販売ホームページサイトからご購入ください。
尚、今回販売冊数は、多くの方に配付するために上限3冊までとなります。

 ●ご購入は以下↓↓↓のホームページから。(CARD決裁可)

 https://danrankazoku.thebase.in/

 

●「60の論題」添付資料である
「主要三協会」簡略主張比較表(小冊子版)がPDFで
下記よりダウンロードができます。

drive.google.com

 

 

 ●次の2つの記事のダウンロードも一緒におすすめします!

 ●「韓鶴子オモニを許しましょう。」劉正玉会長の証言。
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 ●「成約摂理の破壊者韓鶴子女史の罪の解明30提題
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 

●共感した方は応援クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村●連絡がとりたい方はメールでお願いします。maile-address: kawahara@yui0123.com