「家庭連合」の研究。

「世界平和統一家庭連合」は神に帰れ。

●基督は、ユダヤ教・キリスト教の伝統の基に使命を果たされます。「聖書」と「原理講論」に帰り、成約聖徒としての使命を全うしましょう!

文亨進様は文鮮明師からの最終的祝福権移譲者(連載「60の論題」論題27・28・29・32)

f:id:touituseiden:20191118145144j:plain

再臨主からの権限移譲がない祝福式はすべて無効となる。

 

●はじめに

論題27)『文亨進様は文鮮明師からの最終的な祝福権移譲者である』論題28『文亨進様は、すべての「成約聖徒」救済の道を開いた』論題29『韓鶴子女史は祝祷文を改竄し偽りの祝福式を挙行した』論題32『文顕進氏が主張する祝福権移譲は無効である』(第06章「再臨主の伝統相続者」)を「文亨進様が真の後継者であることを立証する60の論題」小冊子から、抜粋・配信します。

 

 

 論題27)◎文亨進様は文鮮明師からの最終的な祝福権移譲者である

文亨進様は、再臨主文鮮明師より祝福授与権を授かり、主礼として祝福式を挙行(「27-01」参照)してきた。祝福権は再臨主とその血統相続者(後継者)のみが保持するもの(「27-02」参照)に他ならない。遺言も最新のもののみ有効で、過去のものは効力が消滅するのと同様に、最終的な後継者のみが祝福権を保持しているのである。

 

●論点解説・引用御言一覧

27-01論点解説:(文亨進様御夫妻が主礼を務める「2008太平聖代神文明平和祝福結婚式(2次)」)
27-02引用御言:『「聖酒式」に対するお父様の御言』

 

 

27-01論点解説 :「文亨進様御夫妻が主礼を務める(2008太平聖代神文明平和祝福結婚式(2次))」
2008年10月12日、韓国の天城旺臨宮殿において、『2008太平聖代神文明平和祝福結婚式(2次)』が、文亨進・世界平和家庭連合世界会長ご夫妻の主礼で21か国・242双の祝福家庭が誕生しました。この事例から明らかなように、文鮮明師は後継者である文亨進様に最終的な祝福権を移譲されたことは明らかです。

 

 

27-02引用御言 :『「聖酒式」に対するお父様の御言』
聖酒式は何をするものでしょうか。新しい愛を中心として神様の体を自分の体の中に投入させる儀式です。堕落した体は一つしかないので、神様の愛を中心として取り替えるのです。これが正に聖酒式だというのです。イエス様が、「パンは私の体を象徴するものであり、ぶどう酒は私の血を象徴するものなので、あなた方はそれをもらって食べ、飲まなければならない」と語ったのと同じように、愛を中心として、神様の実体を中心として、新しい血統を受け継いで原罪を洗い聖めることができる式です。この式を経ずしては、祝福の場に行けないのです。ですからこの式は、血統を転換させる式です。
 「血統転換」という絶対語が必要です。皆さんも祝福を受けるとき、血統転換式をしたでしょう。その血統を転換するためには聖酒がなければなりません。そして聖酒という酒が出てくるためには、二十一種類の選別過程を経なければなりません。それが何か知らないでしょう。それは空中で実を結ばせるものと、地で実を結ばせるものと、地の下で実を結ばせるものを中心としています。その次には鉱物世界、植物世界、動物世界で最も貴いもの、このように二十一種類の選別された物を通じて、その過程を経るのですが、そのすべてのものが讒訴条件に引っ掛かってはいけません。七カ月間、使わずにおきますが、そこに不祥事が生じてはいけないのです。
 聖酒は、ただ作られるのではありません。ただそのままできるのではないということです。サタンと神様の立ち合いのもとに、霊界にいる数多くの天使たちの立ち合いのもとに作られるのです。そして、そこには皆さんが知らない二十一種類の物が入っています。万物世界と人間の復帰歴史の過程で形成される、すべての物が入っているのです。聖酒を作る時は、霊界の霊人たちが来て、「頼むから一杯だけ注いで自分に飲ませてくれ」と強要します。聖酒を飲めば、復帰されることを知っているからです。それで、こじきが群れになって来て、しきりに「自分たちにも恵みをくれ」と言います。先生にはそれができるということを知っているのです。しかし、 先生は、霊界のための先生ではありません。地上のための先生です。ですから「君たちは待ちなさい」と言って、苦労した皆さんに与えたのです。
 聖酒には、父母の愛を象徴するものが入っています。そして血を象徴するものが入っていなければなりません。したがってそれを飲めば、父母の愛と一体になり、また血と一体になります。こういうものが聖酒の内容なのです。聖酒にはサタンの讒訴のない万物の要素がみな入っています。その聖酒をもらって、真の父母と一つになった自分自身を汚す行為をすれば、サタンよりも恐ろしい立場に立つようになります。サタンは長成期完成級圏を汚して蹂躙しましたが、祝福を受けた者が過ちを犯せば、完成期完成級園で神様の実体を犯した罪が残るので、永遠に許されません。これは実に恐ろしいことです。
 聖酒式をしたその場は、父母様が通過してきたすべての受難の道をみな蕩減してあげるためのものです。それは天下、宇宙を与えても替えられない貴い立場です。それを汚してはいけません。そうすれば当然、責任追及を受けなければなりません。(天聖経・祝福家庭「4.血統転換の三段階過程 ①聖酒式」)

 

 

論題28)◎文亨進様は、すべての「成約聖徒」救済の道を開いた

文亨進様は、再臨主文鮮明師より、すべての成約聖徒に対して「真のお父様の権威下に戻るための祝福式」挙行の権能を授かり救済の道を拓いた(2015年4月21日)。家庭連合の韓鶴子女史主礼による祝福式、文顕進氏御夫妻主礼による祝福式は、明らかに再臨主からの権限移譲がなく、その祝福式は無効(「28-01」参照)である。それどころか悪魔の聖酒を授け、従来の祝福権能も無効としたことから再臨主文鮮明師の正統後継者、文亨進様主礼の「戻る祝福式」の聖酒を賜る必要がある。この聖酒は解毒剤に他ならない。

 

●引用御言一覧

28-01引用御言:(家庭連合の偽りの祝福式に対する亨進様・国進様の回答)

 

28-01引用御言 :「家庭連合の偽りの祝福式に対する亨進様・国進様の回答」
『お母様一人で実施された祝福に対するサンクチュアリの立場は明確です。お母様は祝福を堕落した女性として実施しています。ですから、お母様の祝福を受ける人は神様ではなくサタンと一つになります。お母様の祝福を受ける人は皆、サタンの血統に繋がれ一緒に地獄へと導かれます。お母様の祝福を受ければ堕落したのと同じです。ですからお父様の血統に戻らなくてはならなくなります。二世であれば一世としてということになります。』(文國進様の回答:2016年10月31日・米国サンクチュアリ本部協会)

 

 

論題29)●韓鶴子女史は祝祷文を改竄し偽りの祝福式を挙行した

韓鶴子女史は祝祷文を改竄してしまったことからも、その祝福式が無効(「29-01」参照)であることは明らかである。再臨主文鮮明師は韓鶴子女史に単独で行う祝福権を移譲した事実はない。また、祝福式の主礼は夫婦が一つとなって挙行すべきものであり、単独で玉座に着いた韓鶴子女史にその権能はない。

 

●引用資料一覧

29-01引用資料:(「基元節祝福の聖酒(家庭連合)がサタンの毒酒だった理由」世界平和統一聖殿)

 

 

29-01引用資料 :『「基元節祝福の聖酒(家庭連合)がサタンの毒酒だった理由」世界平和統一聖殿』
 真のお父様は基元節は、真の父母の3番目の結婚式であり最後の結婚式とおっしゃいました。真のお父様が聖和されたとしても、地上のお母様が天上の真のお父様をお迎えして基元節の祝福式をしなければならないのです。ところが、基元節の行事の時、真の父母様の3番目の結婚式はなく、代わりに王冠を被ったお母様の女王様の即位式でした。お母様は、既に真のお父様の夫人の位置を去られ、自らメシアとなって、「神様の夫人」となられ、神という存在の夫人になられたのです。
 家庭連合の「天の父母様」は、お母様を夫人に置いた神様の夫婦ということです。天の父母様は真のお父様が侍った神様ではありません。偶像です。その偶像「天の父母様」を迎え、食口たちは真のお父様が居られず、代身者・相続者も去られた中で祝福を受けました。
 なので、基元節祝福は 真のお父様を排除して成した偶像「天の父母様」を迎えて、女王様の即位式を挙行、お父様の原理、伝統から完全に脱線した中での非原理祝福式だったのです。明らかにサタンの祝福式であり聖酒は真のお父様が与えた物でなく、サタンが用意した毒酒でした。
 私達は何も知らずにサタンの毒酒を飲んでしまった瞬間、神様の祝福が吹き飛んでしまい、神様の祝福家庭はこの地から消えました。基元節の毒酒を飲んだ人はサタンの主管圏にあります。飲んだ人全てが真のお父様の権限圏に戻る祝福を受けなければなりません。毒薬があり解毒剤があるのです。

 

 

論題32)▼文顕進氏が主張する祝福権移譲は無効である

郭錠煥氏は、文鮮明師が霊界と地上の祝福権を各々、興進様、顕進様に委譲する「祝福権移譲宣布式2000年9月24日)を挙行し、現在もその祝福権は有効であると主張している。しかしながら、祝福権は真の父母とその後継者夫妻が保持する権能であることから、最新の遺言が有効で、古い遺言は無効とされると同様、かつて文鮮明師が文顕進氏におこなった祝福権移譲は無効となる。ましてや、再臨主文鮮明師に、反旗を翻し、心情的に離反した者が、祝福権能を行使できる原理はない。

 

●引用御言一覧

32-01引用御言:文鮮明師の御言「文顕進様に祝福権を委譲する」)

 

引用御言32-01 :文鮮明師の御言「文顯進様に祝福権を移譲する」)

●御言1)『父母様が、霊界の長子である興進君を呼んで、このように祝福された家庭を立て、一緒に統一的宣言をすることによって、先生が祝福をしてあげるのではなく、今後は興進君が祝福をするのですが、興進君がいなければ、顯進君がお父様の代わりに祝福できる時代になるのです。』(三時代大転換一体圏統一祝福式のみ言 2000年9月24日)

●御言2)『これから先生が興進君を中心として父子一致理念と、その兄と弟を中心として顕進君が父子一致理念を中心として、祝福行事を天地で、どこでも、思いのままに行うことができる解放時代となります。』 (祝福移譲宣布式・2000年9月24日天宙清平修錬苑)

 

 

●おわりに

『文亨進様が真の後継者である事を立証する60の論題』(小冊子版・P110 500円)を販売致します。特徴は以下のとおりです。

1)真のお父様の御言他、資料等を可能な限り引用添付。
2)1990年代~略年表を基に、背景を分かりやすく解説。
3)神様と真のお父様の「心情」からの解題試案です。

 

f:id:touituseiden:20191109085732j:plain

 

●目 次

第01章 真のお父様
第02章 真のお母様
第03章 真の血統相続者
第04章 三代王権完成者
第05章 天の御言守護者
第06章 再臨主の伝統相続者
第07章 カイン・アベル一体勝利者
第08章 世界摂理推進者
第09章 実体的天一国創建
第10章 平和軍平和警察
第11章 文鮮明師の聖和
第12章 天一国国民


●添付資料

1)「主要三協会」の主張・簡略比較表
2)「成約摂理略年表」(抜粋版)

 

●購入方法

購入方法は、以下の販売ホームページサイトからご購入ください。
尚、今回販売冊数は、多くの方に配付するために上限3冊までとなります。

 ●ご購入は以下↓↓↓のホームページから。(CARD決裁可)

 https://danrankazoku.thebase.in/

 

●「60の論題」添付資料である
「主要三協会」簡略主張比較表(小冊子版)がPDFで
下記よりダウンロードができます。

drive.google.com

 

 

 ●次の2つの記事のダウンロードも一緒におすすめします!

 ●「韓鶴子オモニを許しましょう。」劉正玉会長の証言。
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 ●「成約摂理の破壊者韓鶴子女史の罪の解明30提題
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 

●共感した方は応援クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村●連絡がとりたい方はメールでお願いします。maile-address: kawahara@yui0123.com