「家庭連合」の研究。

「世界平和統一家庭連合」は神に帰れ。

●基督は、ユダヤ教・キリスト教の伝統の基に使命を果たされます。「聖書」と「原理講論」に帰り、成約聖徒としての使命を全うしましょう!

文顕進氏の「後継者神様決定説」は自己正当化の詭弁である(連載「60の論題」論題16)

f:id:touituseiden:20191118120400j:plain

文鮮明師から離反し神を自己正当化の根拠にするのは「自己の位置を離れる」事である

 

●はじめに

論題16)『文顕進氏の「後継者神様決定説」は自己正当化の詭弁に他ならない』(第03章「真の血統相続者」)を「文亨進様が真の後継者であることを立証する60の論題」小冊子から、抜粋・配信します。

 

 

論題16)▼文顕進氏の「後継者神様決定説」は自己正当化の詭弁に他ならない

文顕進氏は『文鮮明師が私を誤解し追放しても、「神」が私を真の長子と認めている』と長子宣言を発表、協会資産略奪行為も「神」の御心(引用資料)であると自己正当化した(後継者神様決定説)。しかしながら、再臨主文鮮明師から心情的にも実体的にも離反し、自分勝手な「神」を信奉し、その「神」の御心を自己正当化の根拠とすることは、「自己の位置を離れる」堕落性に他ならない。文顕進氏が信奉する「神」が「偶像崇拝の神」であることは明白である。

 

●論点解説・引用資料一覧

16-01論点解説:(論題16・全体解説)
16-02引用資料:(郭錠煥『事必帰正』「後継者は神様が認めなければならないのです」)
16-03引用資料:(郭錠煥『事必帰正』文顕進氏の主張「お父様が立てた基盤は全て神のものです」)
16-04引用資料:(郭錠煥『事必帰正』文顕進氏の主張「UCIは神様のものである」)

 

 

16-01論点解説 :(論題16・全体解説)
郭錠煥氏著『事必帰正』を分析する事で、文顕進氏や郭錠煥氏の「自己正当化理論」を理解できる。最初に理解すべき事は、文顕進氏も郭錠煥氏も、悪いのは100%相手(悪玉)で自分達には完全に非はないという防御線を絶対に崩さない点である。その上で、第一悪玉は「韓鶴子女史」。第二悪玉は「韓鶴子女史に欺された文鮮明師」。第三悪玉は「使命を失敗した文鮮明師」という三段階で自己正当化の論陣を張っているのである。更に決定的な窮地に陥れば、『(自己に都合のいい)「神様」は理解している』という主張が登場するのである。

 

 

16-02引用資料 :(郭錠煥著『事必帰正』「後継者は神様が認めなければならないのです」)
『ある家庭連合幹部たちは、お父様を絶対視しながら、「お父様が決定を変えれば、誰でも新しい後継者を立てることができる」と主張します。不当千万な話です。神様のみ旨の責任を引き受ける中心人物を、誰が決定するのですか。お父様ですか。神様ですか。結局、神様が最終的に選択されるのです。神様が認めなければならないのです。』(郭錠煥著『事必帰正』P140)

 

 

16-03引用資料 :(文顕進氏の主張「お父様が立てた基盤は全て神のものです」)
『郭牧師、お父様が立てた基盤と人々は全て誰のものですか。お父様のものですか。私のものですか。この統一家の食口たちのものですか。全て神のものです。私たちは全ては神様の側に立たなければならないのです』(郭錠煥著『事必帰正』P477)

 

 

16-04引用資料 :(文顕進氏の主張「UCIは神様のものである」)
『私はUCIを私のものであるとは思っていません。私は、UCIが真のお父様のものであるとも考えていません。私は、UCIは神様のものであると思っています。』(郭錠煥著『事必帰正』P508)

 

 

●おわりに

『文亨進様が真の後継者である事を立証する60の論題』(小冊子版・P110 500円)を販売致します。特徴は以下のとおりです。

1)真のお父様の御言他、資料等を可能な限り引用添付。
2)1990年代~略年表を基に、背景を分かりやすく解説。
3)神様と真のお父様の「心情」からの解題試案です。

 

f:id:touituseiden:20191109085732j:plain

 

●目 次

第01章 真のお父様
第02章 真のお母様
第03章 真の血統相続者
第04章 三代王権完成者
第05章 天の御言守護者
第06章 再臨主の伝統相続者
第07章 カイン・アベル一体勝利者
第08章 世界摂理推進者
第09章 実体的天一国創建
第10章 平和軍平和警察
第11章 文鮮明師の聖和
第12章 天一国国民


●添付資料

1)「主要三協会」の主張・簡略比較表
2)「成約摂理略年表」(抜粋版)

 

●購入方法

購入方法は、以下の販売ホームページサイトからご購入ください。
尚、今回販売冊数は、多くの方に配付するために上限3冊までとなります。

 ●ご購入は以下↓↓↓のホームページから。(CARD決裁可)

 https://danrankazoku.thebase.in/

 

●「60の論題」添付資料である
「主要三協会」簡略主張比較表(小冊子版)がPDFで
下記よりダウンロードができます。

drive.google.com

 

 

 ●次の2つの記事のダウンロードも一緒におすすめします!

 ●「韓鶴子オモニを許しましょう。」劉正玉会長の証言。
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 ●「成約摂理の破壊者韓鶴子女史の罪の解明30提題
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 

●共感した方は応援クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村●連絡がとりたい方はメールでお願いします。maile-address: kawahara@yui0123.com