「家庭連合」の研究。

「世界平和統一家庭連合」は神に帰れ。

●基督は、ユダヤ教・キリスト教の伝統の基に使命を果たされます。「聖書」と「原理講論」に帰り、成約聖徒としての使命を全うしましょう!

「独生女論」は文鮮明師の神聖冒涜の罪である。(連載「60の論題」論題02)

f:id:touituseiden:20191117185541j:plain

韓鶴子女史は如何に文鮮明師を背信したのか。「独生女論原論」解説します。

 

●はじめに

論題02)「独生女論は文鮮明師の神聖冒涜の罪である」(第01章「真のお父様」)を「文亨進様が真の後継者であることを立証する60の論題」小冊子から、抜粋・配信します。

 

●論題02)「独生女論」は文鮮明師の神聖冒涜の罪である。

韓鶴子女史の文鮮明師の聖和後に発表された「独生女論」の主張は次のとおりである。 『文鮮明師は原罪誕生である。16歳でイエス様から使命を授かったが、韓鶴子女史を迎えその胎中で罪が精算され再臨主となった』 (独生女論)(韓鶴子女史の「子宮神学」)。これは統一原理の根幹を覆し、信徒の信仰を破壊する「悪魔の異端神学」に他ならない。

 

●●●引用資料目次

02-01論点解説:(論題02・全体解説)
02-02引用資料:(鮮文大学・呉澤龍教授『真のお母様・神様の夫人論』を主張)
02-03引用資料:(韓鶴子女史の『独生女論』①「ひとり子と独生女は同等です」
02-04論点解説:(周藤健著『成約摂理史解説』にみる日本家庭連合独自の『独生女論』解題)
02-05引用資料:(韓鶴子女史の『独生女論』②「血統転換私は母胎から。お父様は有原罪誕生である」 )
02-06引用資料:(天法苑長・金振春教授が「独生女論」理論化のための論文を発表する)
02-07引用御言:(文鮮明師御言集「独生女論は非原理的見解である」 )
02-08引用御言:(文亨進様御言「韓氏オモニに従う事は、お父様を神聖冒涜することと同じです」 )
02-09動画資料:(韓鶴子女史の『独生女論』講話・動画映像)
02-10動画資料:(「韓鶴子女史の独生女論は間違いである」 )

 

02-01論点解説 :(論題02・全体解説)
韓鶴子女史の『独生女論』の主張は、再臨主文鮮明師の神聖を冒涜する人類歴史上最大の神学的犯罪行為である。韓鶴子女史の主張する『独生女論』は、段階的変遷を経ながら次の4つに整理できる。

●準備理論:『真のお母様・神様の夫人論』
文鮮明師聖和前に発表されている鮮文大学・呉澤龍教授に代表される『真のお母様・神様の夫人論』(「0202」参照)である。「神様の夫人論」と聞き、違和感を覚える方は多いと思う。実はこの「神様の夫人」とは、女性の縦的八段階の最終段階(完成段階)を示していると考えてよい。韓鶴子女史はこの理論を、『独生女論』の下地として使用した。
●分類1:文鮮明師も韓鶴子女史も無原罪誕生である』( 「同等のメシア論」)
韓鶴子女史は初期段階において、 「文鮮明師と韓鶴子女史は同等のメシア」 ( 「02-03」参照)を主張。これは「文鮮明師も韓鶴子女史も無原罪誕生である」という主張である。日本家庭連合は公式的にこの主張を展開している( 「02-04」参照)。
●分類2:韓鶴子女史は胎中無原罪誕生、文鮮明師は原罪誕生』(公式『独生女論』)
韓鶴子女史は、『韓鶴子女史は胎中無原罪誕生、文鮮明師は原罪誕生』と主張、韓鶴子女史と文鮮明師の主客を逆転させ、人類歴史は「独生女」を地上に迎えるための歴史であったと主張( 「02-05」参照)する。この分類の『独生女論』は天法苑長である金振春教授が理論体系を公式発表( 「02-06」参照)した事により、家庭連合全体の公式見解となる。
●分類3:文鮮明師は韓鶴子女史の胎中で罪を精算した』(「胎中神学」)
韓鶴子女史は第二分類の『独生女論』を更に深化させ、以下のように文鮮明師の原罪は「独生女」の胎中で精算されたと主張するに至る。 『原罪を持ってうまれたお父様は、原罪なく地上に生まれた独生女に会って原罪を精算した。したがって、お父様は私に会う前に、他の女性との結婚をしてはいけなかった。』 (天正宮「430双以上の元老祝福家庭夫人集会」2016年12月30日)
●結論:結論として、韓鶴子女史が主張する『独生女論』は、文鮮明師の真理のみ言葉「統一原理」を真っ向から否定する「悪魔の神学体系」である。一方、文鮮明師の御言は、 『独生女論』が荒唐無稽の神学体系であり、偽りであることを立証している( 「02-07」参照)。この主張を公式的に表明した「家庭連合」は、神の主流的摂理教団の位相を外れ、 「反キリスト」教団に転落してしまったのである。

 

02-02引用資料 :(鮮文大学・呉澤龍教授『真のお母様、神様の夫人論』を主張)
『真のお母様は責任を完遂され、実体の神様の座まで上られました。真のお母様の完成の結果は正分合作用の完成を意味します。人類歴史以来初めて、実体的三位一体が完成されたことを意味します。神様とアダムとエバが完成して一体となれば、三位一体が完成されます。今は神様と真のお父様と真のお母様が正分合作用で言う統一体になられました。神様と真のお父様と真のお母様は真のお母様の子宮で一つになります。・・・完全な位置に上がられた真のお母様は、(2008.5.14) 「万王の王神様解放圏戴冠式」を通じて神様の全体・全般・全権・全能の権限を行使されます。その結果、真のお父様はメシヤから真の父母に、真の父母から「万王の王」の位置に上がられました。 「アベル国連定着戴冠式金婚式及び昇華祝祭」 (2010.4.29~5.9)で金婚式は、真のお母様を神様の夫人の位置まで上らせる神聖な聖婚礼式でした。』 (『統一世界』2010年6月号)


02-03引用資料 :(韓鶴子女史の「独生女論」①「ひとり子と独生女は同等です」)
『あなたの本当の父母は神様です。祖母がそう教育しました。私がここに来るまでは、天の保護権にありました。私を教育した人は誰もいません。ひとり子と独生女は同等です。ひとり子が独生女を教育したとは言えません。何を言っているのか分かりますか?ですから、私は決心をしました。私は決めました。そのように環境が助けたのは乳母である大母です。 』(「真の父母様主管の世界指導者特別集会」2014年10月27日)

 

02-04論点解説 :(周藤健著『成約摂理解説』にみる日本家庭連合独自の『独生女論』解題)

●視点1)
この書籍は、日本家庭連合の公式見解である。

2019年3月16日発行の周藤健著の『天一国時代を迎えるための成約摂理解説』は、監修が「世界平和統一家庭連合・教理研究院」と明記されていることから、この本に記載されている『独生女論』は、日本家庭連合(徳野英治執行部)の公式的な教理表明と判断できる
●視点2)「16万人訪韓修練会」に「独生女論」を挿入したのは、徳野執行部の背信行為である。
この本のサブタイトルは「16万人訪韓修練会のみ言集大成」である。このサブタイトルを信じ購入する読者も多い。ところがこの本の中には、読者に何の断りもなく、「16万人訪韓修練会」とは全く無関係の内容(第四章第二節『独り娘の誕生』韓鶴子女史の無原罪誕生論)が突然挿入されている。果たして「16万人訪韓修練会」当時に、韓鶴子女史の無原罪誕生論を信じていた幹部や信徒は存在したのか。この行為は日本信徒を欺き異端教義に導く背信行為ではないか。
●視点3)「お二人とも無原罪論」は韓国本部の見解と相違がある。
日本家庭連合独自の「お二人とも無原罪誕生論」は、韓鶴子女史の公式的な見解ではない。
●視点4)文鮮明師が生前から認めていたとの見解は信徒を惑わす背信行為である。
「独生女論」を文鮮明師が「聖和」前から語っていたとする引用御言は、論評する価値もない。なぜなら文鮮明師の「聖和」前に、韓鶴子女史が無原罪誕生と信ずる信徒は一人もいなかったからである。
●(統一教会史上最悪の書「成約摂理解説」。日本家庭連合が「独生女論」を公式受諾!(徹底追求第一弾!) https://blog.hatena.ne.jp/touituseiden/kateirengou.hatenablog.com/edit?entry=17680117127109149973(家庭連合の研究)

 

02-05引用資料 :(韓鶴子女史の『独生女論』②「血統転換、私は母胎から。お父様は有原罪誕生」)
『ここに座っている真の母は、六千年ぶりに誕生した独生女だ。全て証拠がある。血統転換、私は母胎からだ。 ・・・アボジの歴史は、イエス様の仕事を引き継いだその時、その瞬間がお父様は独生子の資格だ。分かったか。そのことを知らなければならない。これまでの2千年歴史は、独生女を探して来られた歴史だ。・・・この歴史的な秘密を私が教えてあげた。真の家庭はこのような困難な中で、六千年の時間をかけて、天が心を焦がして探され苦労して探して来られた独生女を皆さんは知っていたか。知らなかっただろう。だから私でなければならないのだ。皆さんは私に出会えて幸運だ。・・・それから清平のことであれこれ言うな。大母様の特別権限だ。これは、天が聖別して育ててきた独生女の家系だ、分かったか。他の人たちは、お父様に近い人だとしても、これはできない。大母様だけができることだ。肉身を借りて働く訓母に対して、あれこれ言ってはいけない。分かったか。私が生きている限り、皆さんが心配することは何もない。分かったか』 (2014年7月1日・天正宮講話)


02-06引用資料 :(天法苑長・金振春教授が「独生女論」理論化のための論文を発表する)
『まず、真のお父様は、原罪が全くない状態で誕生したとは言い難い(有原罪誕生である)。第2に、真のお父様は天の血統の側面も共にあるので、 堕落の血統だけを持って生まれた普通の堕落人間とは全く異なって誕生した。第3に、真のお父様は、天の血統だけを持つメシヤの使命の為に予定され、メシヤになる為の可能性を持って誕生した。 (P244) ・・・真のお母様は、イエス様の場合と同様に、血統転換過程を通じて天の血統を持って生まれたので、原罪がない独生女の立場で誕生した。子羊の婚宴である1960年聖婚式は真のお母様が、人類の真の父母として顕現する儀式であって、真のお母様が堕落の血統を精算する為の血統転換や、独生女の立場に立つ儀式と見るのは難しい。 (P249) ・・・真のお母様が強調するように、今は 真実を明らかにすべき時になった(P256)』 (金振春「真の父母様の独生子・独生女研究」孝情アカデミー創立総会、国際学術シンポジウム、2017年2月7日)


02-07引用御言 :(文鮮明師御言集「独生女論は非原理的見解である」)

01)「お母様は、堕落世界のアベル的な基台の上に生まれる

『それでは、そのような花嫁、すなわちお母様はどのような基台の上に生まれなければならないのでしょうか?堕落した世界のアベル的なお母様の基台の上に生まれなければならないのです。』 (文鮮明先生御言選集35巻 P217・1970年10月19日「聖酒式と血統復帰」)
02)「皆さんのオモニは堕落したエバの立場」
『したがって、皆さんのオモニは堕落したエバの立場に該当するのです。それからオモニはイエス時代におけるマリアの立場に該当するのです。ですからオモニは、イエス時代のマリアの保護を受けて祝福のみ旨を成就できる、罪人の因縁とは全く関係のない処女としてのオモニ(真のお母様)の立場に立つことのできるオモニでなければならないのです。 』(文鮮明先生御言選集35巻 P218・1970年10月19日「聖酒式と血統復帰」 )
03)「完成した男性がエバを得る」
『創造原理を見ると、神様は男性を創造された後にその形に似せてエバを創造されたとなっています。そのため、完全な神様の愛を中心として生まれた完成した男性、すなわち真なる人なくしては、再創造の原則によってエバを得ることができないのです。』 (文鮮明先生御言選集35巻 P224・1970年10月19日「聖酒式と血統復帰」 )
04)「エバはアダムを通して再創造される」
『それでは、エバはどのように探し立てなければならないのか?アダムを通して創造されなければなりません。』 (文鮮明先生御言葉選集35巻 P224・1970年10月19日「聖酒式と血統復帰」 )
05)「家門が協助すれば聖進のオモニは家庭的にみ旨を成就した」
『そのオモニとアボジ、家門が少し協助していれば、聖進のオモニはあのようにはならなかったのです。あのようにならなければ、統一教会は40年の、このような受難の道を行かなかったでしょう。家庭的にみ旨を成就していたのです。』 (文鮮明先生御言選集163巻 P250・1987年5月1日「南北統一の旗手となろう」 )
06)「堕落世界から女性を捜し再創造しなければならない
『男性が生まれたので女性を探さなければなりません。女性を失ったではないですか。サタン世界から女性を探そうとすれば再創造して準備しなければならのです。イスラエル選民を中心としてメシアを4千年の間待ち望み、送られたのに、殺害してしまいました。』 (文鮮明先生御言選集342巻 P235・2001年1月12日「真の父母と神様王権即位式」 )
07)「旧教と新教が先生を迎えたら、今のお母様はお母様になれない」
『本来、旧教と新教が一つになって先生を迎えていたなら、今のお母様はお母様になれませんでした。聖進のオモニがそのまま維持されていたことでしょう。』 (文鮮明先生御言選集337巻 P18・2000年10月16日「父子協助時代と祖国光復」 )
08)「アダムがいればエバは創造できる。いくらでも探して来られる。」
『そのためお母さんがいなくてもお母さんはいつでも探して来ることができるのです。どういう話か分かりますか?お母さんが責任を果たさなければ息子とお父さんだけいればお母さんはいくらでもいるというのです。アダムだけいたら、お母さん、エバは創造できますよね?アダムの息子が堕落していない血統であれば女性はいくらでもいるのです。いくらでも探して来られるのです。』 (文鮮明先生御言選集318巻 P172・2000年3月6日「父子協助復帰時代」)
09)「血統は父子が残す。オモニは畑です。」
『国を立てるには父子協助時代に入らなければなりません。オモニを見ると血統が違います。血統を残すのは父子が残すのです。分かりますか、何を言っているのか?はい。オモニは畑です。畑。種は畑さえあればどこに植えてもいくらでも実を結ぶのです。そのため父子関係は血統が連結されているというのです。』 (文鮮明先生御言選集318巻 P172・2000年3月6日「父子協助復帰時代」 )
10)「独生女はサタンが奪った。アダムが捜さなければならない。」
「『神様の長男が生まれたというのです。しかし、ひとり子は生まれましたが独生女はいませんでした』独生女がいますか?サタンが奪っていきました。これを探さなければなりません。アダムの相対をアダムに似せて創造したものを失ってしまったので、アダムのために創造されたものを失ってしまったので、アダムが探してこなければなりません。」 (文鮮明先生御言選集・346巻 P60・2001年6月21日「神様王権即位と真の父母」 )
11)「独生女は堕落した奴です。」
「では、イエスはひとり子となりましたが、ひとり子に相対できる独生女がいましたか?救援歴史は復帰であると言いました。独生女はどこにいますか?堕落した奴です。堕落した奴。」 (文鮮明先生御言選集 394巻 P36・2002年10月06日「絶対信仰・愛・服従と祖国光復の道」 )
12)「オモニは収拾しなさい。神が望む夫人の役割ができない」
『今、オモニが成すべきことは、収拾しなければならないのです。オモニが、神様が望む夫人の役割ができないのです。先生もそう。オモニと暮らしていますが、堕落した世界とは関係のないところで夫婦生活ができなかったというのです。』 (文鮮明先生御言選集561巻 P220・2007年4月26日「創造理想の絶対目的」 )

 

02-08引用御言 :(文亨進様御言「韓氏オモニに従う事は、お父様を神聖冒涜することと」)
『オモニにもはや付いていくことは、お父様を冒涜することと同じことになってしまいました。お父様に従う事とオモニに従う事、この二つは決して両立しない事柄になったのです。善悪の二者択一です。当時の36家庭を含むすべての幹部、長老はその時、サタンにひれ伏しました。信仰よりも地位、つまり保身を優先させたのです。彼らは(オモニが)間違っていることを十分に知っているのです。しかし完全に責任逃れをしています。完全に臆病風に吹かれてしまっているのです。完全な背信者であり、「売春婦」です。そして今もメシアであるお父様を「銀貨30枚」で売り飛ばした事実に目をつぶっているのです。これがいかに卑しむことか。最大の愛と恵みと祝福を受けた彼らであったがゆえに、最も痛烈な裏切り行為となったのです。』 (文亨進様の御言「質疑応答に答えて」2016年4月9日)

 

02-09動画資料 :(韓鶴子女史の『独生女論』講話・動画映像)
1)(2012年12月25日 韓鶴子女史講話) https://www.youtube.com/watch?v=7icITKKuN8A 2)(2014年07月01日 天正宮訓読会講話) https://www.youtube.com/watch?v=C39kORA_qm4
2)(韓半島は独生女を 誕生させた国・日付不明) https://www.youtube.com/watch?v=ZjljTxMc50o
3) (私が結婚してあげてこそ真の父母の位置にあがるのだ。2018年7月13日韓鶴子師 ワシントン上級裁判所https://www.youtube.com/watch?v=XR-e9F-NAd8

 

02-10動画資料 :(「韓鶴子女史の独生女論は間違いである」)
1) (摂理歴史が証明した独生女論の間違い 井田幸二氏) https://www.youtube.com/watch?v=5LeRBhQGMLo
2) (真の家庭は人類平和理想世界のモデル 井田幸二氏) https://www.youtube.com/watch?v=v3HZlhLv9sw
3) (統一教会史上最悪の書「成約摂理解説」 。日本家庭連合が「独生女論」を公式受諾! https://blog.hatena.ne.jp/touituseiden/kateirengou.hatenablog.com/edit?entry=17680117127109149973(家庭連合の研究)

 

 

●おわりに

『文亨進様が真の後継者である事を立証する60の論題』(小冊子版)を一般向けに販売開始します。特徴は以下のとおりです。

1)真のお父様の御言他、資料等を可能な限り引用添付。
2)1990年代~略年表を基に、背景を分かりやすく解説。
3)神様と真のお父様の「心情」からの解題試案です。

 

f:id:touituseiden:20191109085732j:plain

●目 次

第01章 真のお父様
第02章 真のお母様
第03章 真の血統相続者
第04章 三代王権完成者
第05章 天の御言守護者
第06章 再臨主の伝統相続者
第07章 カイン・アベル一体勝利者
第08章 世界摂理推進者
第09章 実体的天一国創建
第10章 平和軍平和警察
第11章 文鮮明師の聖和
第12章 天一国国民

 

●添付資料

1)「主要三協会」の主張・簡略比較表
2)「成約摂理略年表」(抜粋版)

 

●購入方法

購入方法は、以下の販売ホームページサイトからご購入ください。
尚、今回販売冊数は、多くの方に配付するために上限3冊までとなります。150冊までの限定販売ですので、この機会に是非ご購入ください。いのり。

 

●ご購入は以下↓↓↓のホームページから。(CARD決裁可能です)

 

https://danrankazoku.thebase.in/

 

 

●次の2つの記事のダウンロードも一緒におすすめします!

 ●「韓鶴子オモニを許しましょう。」劉正玉会長の証言。
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 

●「成約摂理の破壊者韓鶴子女史の罪の解明30提題
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 

 

●共感した方は応援クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村●連絡がとりたい方はメールでお願いします。maile-address: kawahara@yui0123.com