「家庭連合」の研究。

「世界平和統一家庭連合」は神に帰れ。

●基督は、ユダヤ教・キリスト教の伝統の基に使命を果たされます。「聖書」と「原理講論」に帰り、成約聖徒としての使命を全うしましょう!

成約聖徒が文鮮明師と一つになるための60の論題(PDF・DL版)

f:id:touituseiden:20190815163002j:plain
再臨摂理の混乱は文鮮明師の心情に尋ね求めて解決するしか方法はない。

 

川原 德昭(Noriaki Kawahara)

 

●はじめに

1517年にマルチンルターはヴィッテンベルク城教会の扉に『95ヶ条の論題』を貼り付けたとされる。動機は贖宥状が信徒の信仰を破壊するとの認識に他ならない。教会司祭でもあったルターの行動は信仰に基づき、政治的野心は微塵もない。更に大切なのは、ルターの論題が、文字通り司祭や神学生に議論を呼び掛けるものだった事である。私はこの勇気あるルターの行動に習い、『成約聖徒が文鮮明師と一つになるための60の論題』を提示したい。これは無名の一般信徒からの「論題」に過ぎぬが、ここから、多くの議論が生まれ、真の「成約聖徒和合統一の道」が模索されることを期待したい。無駄な議論は避けよとの意見もあろうが、真理の提示なくして成約聖徒の混乱が収拾される道はない。何より神と再臨主文鮮明師の血涙をぬぐう道はない。すべては、再臨主文鮮明師の神との心情に尋ね求め、和合統一の道を見いださねばならぬ。

 

目次

 

第01章 真のお父様
第02章 真のお母様
第03章 真の血統相続者(二代王)
第04章 三代王権相続者(三代王)
第05章 天の御言守護者
第06章 再臨主の伝統相続者
第07章 カイン・アベル一体勝利者
第08章 世界摂理推進者
第09章 実体的天一国創建
第10章 平和軍平和警察
第11章 文鮮明師の聖和
第12章 天一国国民

 

 

  

drive.google.com

 

drive.google.com

 

drive.google.com

 

●おわりに

「60の論題」は裏付け(根拠)が乏しいのではないかとのご批判があろうと思う。もともと「論題」とはそのような性格のものであるから、このままほったらかしでも、何ら咎められるものではないと思われる。

しかしながら、「60の論題」では到底語ることが出来ずに割愛した、貴重な資料が多く埋もれていることも事実である。そこで、「資料編」を添付させていただくことにしたい。中心的な資料は、当然、『文鮮明先生御言選集』の御言が中心となるが、郭先生の著書『事必帰正』、『文亨進様御言選集』からも、事実証言を中心に掲載することとする。

 

いのり。アージュ

 

 

●PDFダウンロード版のご案内

 

drive.google.com

 

●次の2つの記事のダウンロードも一緒におすすめします!

 

●「韓鶴子オモニを許しましょう。」劉正玉会長の証言。
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 

●「成約摂理の破壊者韓鶴子女史の罪の解明30提題
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 

 

●共感した方は応援クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村●連絡がとりたい方はメールでお願いします。maile-address: kawahara@yui0123.com