「家庭連合」の研究。

「世界平和統一家庭連合」は神に帰れ。

●基督は、ユダヤ教・キリスト教の伝統の基に使命を果たされます。「聖書」と「原理講論」に帰り、成約聖徒としての使命を全うしましょう!

徹底追求第2弾!御言葉改竄(かいざん)「三部経編纂のほんとの理由」を斬る!

f:id:touituseiden:20190531054004p:plain

三部経の編纂で家庭連合は「再臨主御言保持者」の権威も喪失した

 

●はじめに

今回は、前回の韓鶴子女史の御言選集594~615改竄(かいざん)事件』に引き続き家庭連合(韓鶴子女史)が犯した天宙史的大罪、『八大教材教本の改竄(かいざん)』事件の不正を暴(あば)きます。

 

●八大教材教本に対するアボニムの御言

「真の父母様は、すでに人類のための遺言を準備し、残しました。一生に6、7度も生死の境を行き来する獄苦を経ながら勝利し、準備した遺言です。永遠な人類の教材教本として、8種類の本を残しました。冊数としては一千冊を超える分量です。『文鮮明先生御言選集』『原理講論』『天聖経』『家庭盟誓』『平和神経』『天国を開く門、真の家庭』『平和の主人、血統の主人』『世界経典』、以上の8種類の書籍です。これらの教本は、皆様が霊界に入っていっても読み、勉強しなければならない本です。決して人間の頭脳から出てきた言葉や教えではありません。天がかわいそうな人類を救援するために下さった、天道を教える教材教本だからです。」

天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会)



以上のように文鮮明師は、この八大教材教本を「人類の遺言」として準備し残したことは明白である。

 

文鮮明師は「八大教材教本」を直すなと警告された。

「直したら、あの世に行って、万民の前に審判を受ける、讒訴に引っかかるというのです。だからむやみに手を付けてはいけません」

文鮮明先生御言選集』493巻287P 2005年4月26日

 


●家庭連合の経典編纂(へんさん)表向きの理由

●理由その1
「お父様のみ言葉は精製されていない原石であり、それを磨き上げるために天聖経を整理整頓するのだ」(韓鶴子女史の発言)

●理由その2
「お父様の八大教材教本には重複しているところもある」

●理由その3
「長く時間が経ったので適切でない部分もある」

●理由その4
「八大教材教本制定以後に語られた貴い御言もあるので、新しく編纂しなければならない」

●理由その5(可知講師・真の父母様を中心とする現代摂理)
「八大教材教本を中心に「基元節」までに実体的な神の国を建設するはずでしたが、それができませんでした。「2020年までに天の国を復帰する新しい摂理」を出発するために新しい御言が必要になりました」

 

●上記理由への反論

上記理由は、御言改竄(かいざん)の決定的な動機とはなり得ない。なぜなら、通常は「八大教材教本」を保持した上で、「追補版・解説版」および「新しい御言」を編集するのが通常の対処法だからである。

文鮮明師の警告があり、明らかに後世に非難されるリスクを犯してでも韓鶴子女史が、御言改竄(かいざん)を断行しなければならなかった真の理由は何か。それを以下に解説する。

 

 

 

●「聖典三部経」編纂の真の理由。

前回の第一弾で明らかにされた、2012年4月の韓鶴子女史と金孝律氏により断行された韓鶴子女史の御言選集594~615改竄(かいざん)事件』。実はこの事件は、「顕進様グループ(三男派)」から、証拠資料も提示された猛烈な抗議を受け、「韓国家庭連合本部」は決定的な窮地に陥る。

報復措置として、家庭連合は2012年4月14日に郭錠煥氏を、偽証容疑(ヨイド裁判の)でソウル西部地方検察庁に告発する。

その後文鮮明師の容態が急変し入院、つかの間の三男派との休戦期間中に韓鶴子女史は、8月23日に決定的な最終決断を下す。それが聖典「三部経」の編纂である。

これは、「顕進様グループ(三男派)」からの攻撃で、その権威が地に墜ちた「家庭連合と韓鶴子女史」の、小悪韓鶴子女史の御言選集594~615改竄(かいざん)事件』を大悪『八大教材教本改竄、三大聖典編纂事件』実施で隠蔽する「起死回生」捨て身の反転攻勢策に他ならない。これは、「三大聖典」編纂を韓鶴子女史が誇るというおまけ付きである。

一般信徒は「小悪」には気が付くが、余りにも規模が大きい「大悪」には気づかぬことを平然とかつ大胆にもやってのけたのである。

更に、「天聖経」では各所に存在する「韓鶴子女史と幹部による家庭連合統治」に障害となる「御言」を徹底的に削除する事とし、「父母経」では韓鶴子女史の業績を信徒に印象づける工作を行う覚悟を決めたのである。

 

 

●おわりに

イスラム教では、「コーラン」はアラビア語以外で翻訳出版することを認めておらず、聖典の改竄は死罪にあたる。ましてや、天宙的な価値を有する「再臨主」聖典に対する改竄(かいざん)はどれほどの罪になるのか。

家庭連合は、韓鶴子女史を再臨主と同等の価値(神)に祭り上げた上で、堂々と韓鶴子女史と幹部に都合の悪い部分を削除し、聖典を毀損した。それも、天の理由によらず地の理由により行われた事はあまりにも明白。もはや、極悪非道なる「家庭連合」に神も文鮮明師も臨在されぬ事はこの一時で立証されて余りあるではないか。

一刻も早く、家庭連合信徒の皆様が、この事実を悟り本来の道に復帰される事を切に祈ります。


祈り。アージュ

 

●「韓鶴子オモニを許しましょう。」劉正玉会長の証言。
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 

●「成約摂理の破壊者韓鶴子女史の罪の解明30提題
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 

 

●共感した方は応援クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村●連絡がとりたい方はメールでお願いします。maile-address: kawahara@yui0123.com