「家庭連合」の研究。

「世界平和統一家庭連合」は神に帰れ。

●基督は、ユダヤ教・キリスト教の伝統の基に使命を果たされます。「聖書」と「原理講論」に帰り、成約聖徒としての使命を全うしましょう!

周藤先生びっくり仰天動画『成約摂理解説』発刊によせて。明白になった「真の父母様と共に歩めなかった人生」

f:id:touituseiden:20190519045707p:plain

真の父母と共に歩まなかった事が明白になった周藤健先生

●はじめに

家庭連合「徳野執行部」に要請され、急遽、カメラの前に「特命」を帯びて登場した「周藤健先生」。

ところが、サブタイトル『訪韓16万人修練会のみ言集大成』にもかかわらず、全く関係のない『独生女論』「4章2節」に忍び込ませてある事の説明は一切ない。

これでは、周藤健先生が「独生女論」布教の片棒を担ぎ、文鮮明師に罪を犯した事実は消えない。以下にその「びっくり仰天動画」を紹介します。

 

 

●周藤健先生自叙伝番外編『成約摂理解説』発刊によせて。(約8分)

youtu.be

 

●解説その1
「4章2節(独生女論)」挿入説明はCUTされたのかも知れない。

8分程度に編集された動画には、途中何度かコメントCUTの形跡あり。もし周藤先生が4章2節が自分の文書でない旨説明をしたにもかかわらず、省略したのならば「徳野執行部」の罪は地球より重い。

 

●解説その2
こんなやつれた「周藤健先生」を担ぎ出す以外に徳野執行部に方法はないのか?

徳野執行部は、「韓鶴子女史の無原罪誕生」公式表明責任を、結果的に「周藤健先生」一人になすりつけた。正々堂々「家庭連合」徳野英治会長の名前で「独生女論」の解説本を出版し、韓鶴子女史と心中する覚悟を示すべきではなかったか。

●解説その3
徳野執行部は、文鮮明師に対する背信責任を負わなければならない。

徳野執行部は、「韓鶴子女史」が主張する「清平教」「独生女論」を受け入れ、従来の文鮮明師が築き上げた摂理的な功績を、一夜で放棄した。のみならず、『成約摂理解説』なる意味不明の解説書を出版し、日本家庭連合信徒を奈落の底に突き落とした事実は、日本統一教会史に罪悪の歴史として刻まれるしかない。

 

●おわりに

文鮮明師の血と汗と涙で築かれた精誠の金字塔である「原理講論」。現在家庭連合では、誉進様をはじめとする女性の子女様が、フェミニズム文鮮明師、韓鶴子女史同等価値観)に基づく「原理講論」改訂を主張し、御用神学者による検討作業が進められているという。

止まることをしらぬ、文鮮明師の業績の破壊行為。

家庭連合信徒の皆さんは、もはや、ここに神の摂理は存在せぬ事に、早く目覚めなければならぬ。

 

祈り、アージュ

 

 

 ●「韓鶴子オモニを許しましょう。」劉正玉会長の証言。
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 

●「成約摂理の破壊者韓鶴子女史の罪の解明30提題
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 

 

●共感した方は応援クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村●連絡がとりたい方はメールでお願いします。maile-address: kawahara@yui0123.com