「家庭連合」の研究。

「世界平和統一家庭連合」は神に帰れ。

●基督は、ユダヤ教・キリスト教の伝統の基に使命を果たされます。「聖書」と「原理講論」に帰り、成約聖徒としての使命を全うしましょう!

『家庭連合からの退会届・3年後の更新』(ジム・スチーブンス氏が語ります)

f:id:touituseiden:20190330060127j:plain

手を振る「ジム・スチーブン氏ご夫妻」


●はじめに 

この掲載記事は、2018年9月9日に英文で公開(翻訳者「鷹」)されたものです。記事を公開された「ジム・スチーブン氏ご夫妻」は、現在米国ペンシルベニアで「レイクサンクチュアリ」の管理人を務めながら、精力的に執筆活動をされています。ジム氏はかつて、アボニムの指示で米国在住牧師団の訪韓ツアーの責任者を務め、大きく御旨に貢献された先輩家庭でもあります。

 

●ジム・スチーブン氏のあいさつ

3年前の2015年9月17日に、私は正式に家庭連合を退会しました。詳細は私のレター をご覧下さい。

 http://101proofsforgod.com/OurResignation.pdf

また、私は、韓鶴子氏がアボニムとは全く一体ではないことを単純な理論で説明した記事を公開しました。下記をご覧下さい。

 http://101proofsforgod.com/HusbandWifeUnity.pdf 

3年経て、退会届を更新することは良い事である思いました。端的に、私は正しい選択をしたとますます確信しています。

 


●アボニムの霊は間違いなく
ここにいらっしゃいます。


亨進ニムが韓国のことを語られる時、多くの場合、彼にアボニムの存在とアボニムが彼を通して語っておられることを感じます。他にも多くの経験があります。

統一教会の初期に、米国で復帰された私達の大半は、神様の導きを感じ、転換を経験しました(必要な「信仰の飛躍」があれば)。サンクチュアリ教会の人々は、殆ど全員が同じような証をしています。ここの霊は、私達がアボニムの「家庭」に繋がった初期の霊と似ています。

アボニムの晩年の二年間において、亨進ニムは日夜殆どアボニムと共に居ました。韓鶴子氏は別の所に居ました。韓氏はアボニムから離れるだけでなく、彼がアボニム「サイド」だったので、亨進ニムとも離れていました。彼女は、アボニムが彼に与えた位置を、殆ど瞬時に奪いました。

最後に、彼女は彼の「相続人」の位置を拒絶しました。「これは、相続人または後継者の概念はないことを意味します。」(2018.3.16: ラスベガス)

最近、亨進ニムは、「アボニムが下さった最も偉大な恩賜は、アボニムご自身です。」とシェアされています。亨進ニムは金銭や位置を動機としていません。彼は、そういうこともできましたが、アボニムに忠誠を果たすために、ペンシルベニアと「荒野」を選ばれました。

 

●アボニムの御言葉を
思い出しましょう。


『神様の愛はどこにありますか。それは、互いに愛する兄弟間にありますか。いいえ、  また、神様の愛は男性と女性の愛を中心に創られません。神様の愛は父子の愛にあるのです。血肉が連結されなければなりません。永遠に続く伝統を創るためには、血肉が連結されなければなりません。つまり、縦的な関係が創られなければなりません。』

『神様の愛を受けることは縦的な関係ですから、それは父子の愛以外のものではありません。愛には距離がないのです。この縦的な関係において、一つの中心が必要です。唯一の中心が必要です。中心は最高の位置です。もし、中心が二つあれば、世界には闘争が生じます。』(28-169)

『そして、私は祈祷の中で深層に到達し、宇宙の秘密、宇宙の神秘の根本を見出すために闘争しました。宇宙の基盤は何ですか。それは単純です。答えは父子の関係です。それでは、父子の関係とは何ですか。私達はそれを愛抜きには説明できません。何を語っていますか。愛を語らずして、父子の関係を説明できません。普通の人は、単純に人の父子を考えるでしょうが、私が知ったのは、神様と人のことを解答、理論として見出しました。』(144-250)

『あなたが、深い祈りの境地に入ると、人が被造世界の中心であり、宇宙の中心は何か…あなたは、それは父子の関係であるという回答を得るでしょう。宇宙の中心は何ですか。一語の父子の関係です。』

『でも、普通の人は、両親のことを考えます。モラルを中心に、自身の父母を考えます。それは間違いです。確実な点から見ると、結論は神様と人が、父子の関係の深い心情を中心として一つになる所が宇宙の中心です。』(48-209)

 

神様は最も忠実な息子達を通し、ご自身を表現されます。イエス様と文鮮明師です。アボニムは最も忠実な息子、亨進ニムを通してご自身を表現されます。

また、アボニムは何年も、愛と生命と血統について語られました。血統が最も重要であると強調されました。エデンの園において、神様のゴールは血統を持つことでした。これは、神様の願いであり創造目的でした。家庭連合の人達は、これを覚えていますか。

ご子息らの誰一人として、韓鶴子氏とは繋がっていません。これは何を物語っていますか。

私はアボニムのいらっしゃる所に居たいです。

 

●イエス

アボニムはイエス様と一つです。誰もアボニムのように、イエス様の御心を知らないし、彼を愛していません。

亨進ニムは、凄まじい時間とエネルギーを投入して、イエス様と聖書との深い関係を構築しました。彼は、私達にも同様にするように言われます。イエス様の御心が分からないと、私達はアボニムを本当には分かりません。私は、これは全く正しいと感じます。


亨進ニムは聖書を徹底的に学び、いつも聖書から語っておられます。実に正しいことです。

家庭連合の人達は聖書を学んでいますか。彼らはイエス様を愛していますか。

家庭連合では、原理講論を学んでいますか。メシヤ論、キリスト論そして再臨論を読みましょう。そこには「独生女」について一言もないと分かるでしょう。

エス様とキリスト教は世界を変えるために必須です。マジックでできるものではありません。私達は、キリストにあって兄弟姉妹達である彼らに近づかなければなりません。

ブラジルにおける韓鶴子氏の大会は低調であったと聞きました。クリスチャンが事前に、彼女の「独生女」異端論を聞いていたからです。ビデオでは大会は素晴らしく見えましたが、実体聖霊は失われ、ここから下っています。

 

 

●人としての亨進ニム

この方は38歳です。年齢をはるかに超える内容と理解をされています。私が個人的に彼と接する時、説教の時、キングスレポートの際、そして、色々な所で語られる時、いつもそう経験しました。

この3年で彼は非常に変わって、成長されたことを証します。彼は早く学び、コンセプトを素早く吸収し、消化します。多くの分野で神様は、彼を本当に準備されました。

毎日、私は、アボニムがご自身を押されたように、彼はご自身を押し出しているのを見ます。彼は本当に「アボニムの息子」になろうとしています。彼の近くにいると、アボニムの近くにいたことを沢山思い出します。彼の周りは、情のジェットコースターです。瞬間あなたは神様の喜びで高められ、次には、悪と世界の苦難の重さに惨めになります。

私は、彼がカルチャー・グループと社会を包んでいるのを見ました。例えば数か月間、彼は憲法修正第二条とクリスチャン愛国者運動のリーダー達と関わりました。彼は、霊的な洞察で彼らを感化し、神様が彼らを導いておられることを理解させました。

彼はまもなく、真の自由と人権運動における「思想の指導者」となると思います。彼が創っている繋がりは公的ではありませんが、神様は韓鶴子氏によって、彼が韓国から追放される前にあった基盤を早期に再建すると思います。

彼はアボニムの絶対性とその人類や歴史への影響を深く理解し、教えています。説教においても、若者達のモラルの教導に注力しています。私の個人的な証と霊的な経験から、アボニムのコア・メッセージは、「絶対性」が全てであったと思います。残りは、人間の堕落の根本です。韓鶴子氏はこの教えを禁じています。

彼は「真の夫婦関係」を深く理解しています。そして、いつも私達全ての夫婦と家庭を励まし、支持してくれます。

亨進ニムは若い時から、武道を学び、能力、訓練、その生活様式を徹底的に体得されました。彼は若い人達のモデルであり、指導者です。彼は、若者達に自由な武道訓練をします。彼らの特徴と訓練を構築しています。この考えは、将来、若い人達に重要な効果をもたらすでしょう。

10年か20年後には、彼は数百万の人達の指導者となるでしょう。

数年前の彼を知っていても、あなたは、今の彼を知りません。

 

 

天一憲法

亨進ニムによる「天一憲法」は、「合衆国憲法」を遥かに飛躍させたものです。合衆国政府には、相続の不備があることが分かります。

200年経って明らかにされました。憲法はそれを解決します。モデル社会、最終的には地上天国構築の実質的な青写真です。歴史と原理の深い理解を示しています。

アボニムは、聖和される前に、平和警察・平和軍について語られました。亨進ニムはアボニムから、その意味、それが如何に必要か、どのように実行するかについて、直接理解しました。悪はマジックや期待する考えでなくなるものではありません。人類の責任分担が必要です。

 

 

●鉄の杖の使命

「銃」と「ライフルAR-15」は、多くの人々には理解が難しいでしょう。つまり、それは「時期尚早」だからです。殆どの人達は、自衛のために銃は必要ないと騙されて、信じています。この100年間に、2億人の人達が、それぞれの自国政府によって殺害されたことを語ってみましょう。

自衛権は天与の基本的な人権です。米国人だけではありません。必要であるから、彼は屋上から怒鳴っています。大衆を目覚めさせるためにリスクをアピールしています。近くにいる私達も含まれています。

亨進ニムは、今は唯の「荒野の泣き声」かも知れませんが、このメッセージは、神様の御国ができる前に、摂理的に世界中の大きな泣き声となるでしょう。

私は、長い間理解ができず、神様が私達を最終ゴールに導こうとされたことを洞察できなかったことを申し訳なく思います。

亨進ニムの最新刊である「鉄の杖の王国」は、クリスチャンへの偉大な「武器の呼びかけ」です。彼らの信仰による行動を取る時です。神様が彼らと共に居ます。私達は再臨主が来られた後、神様が一生懸命悪を暴露し、除こうとされている時に生きています。

天国は近づきました。

 

 

●結 論

エス様とアボニムはいつもあなた方と私を愛しています。でも、彼らと関係を持ち続けるためには、あなた方の責任を果たさなければなりません。あなた方が全てにおいて、最も重要になることです。何もしないことは選択できません。悔い改めましょう。

謙虚になって調べましょう。中間位置に留まってはいけません。神様とアボニムは、一つの「サイド」または他のサイドにいなければなりません。両方を愛していたとしても。

マタイ7章21節:『「主よ,主よ」と言う者が皆,天の国に入る訳ではない…』
23節:『その時私はきっぱりとこう言おう「あなた達のことは全然知らない.不法を働く者ども,私から離れ去れ」と』

あなた達の天国の位置は保障されていません。

 

 

<鷹の目>(結語)


アボニムが何度も語られたことは、真の愛・生命・血統でした。特に、血統が最も重要であると言われました。血統をつなぐことは、絶対性が基盤になります。アボニムは、私達が読み切れないほどの多くの御言葉を残して下さいましたが、私達の観点は、多くはありません。神様と真の父母様と二代王様・王妃様、そして三代王権です。この格位を受け入れるかどうかがポイントでしょう。この格位的構造を曖昧にすると、全てが崩れていき、どんな愚論も生じるでしょう。

ティーブンス氏の論説は、アボニムのこと、イエス様と亨進ニムのこと、憲法のこと、鉄の杖についても簡潔にまとめられています。ポイントをよく押さえています。皆さんが深読みされることを推奨します。(おわり)

 

 

 

●「成約摂理の破壊者韓鶴子女史の罪の解明30提題」
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 


●共感した方は応援クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村●連絡がとりたい方はメールでお願いします。maile-address: kawahara@yui0123.com