「家庭連合」の研究。

「世界平和統一家庭連合」は神に帰れ。

●基督は、ユダヤ教・キリスト教の伝統の基に使命を果たされます。「聖書」と「原理講論」に帰り、成約聖徒としての使命を全うしましょう!

さようならオモニム。霊界でお会いしたいと思います。

f:id:touituseiden:20190318141612p:plain

 

●はじめに

この文書は康賢實オモニが、米国から「韓氏オモニ」と「家庭連合の兄弟姉妹」に向けて書いた文書(遺言)で、日付は「2016年12月21日」であります。「天宙聖和式」に先だち霊界からのメッセージとお読みいただけますならば幸いであります。(祈り)

 

 

愛する食口の皆さん

 

私は康賢実(カン•ヒョンシル)と申します。[元の苗字は姜]

 

1952年に釜山ボンネッコルでお父様のみ言を聞き、感激し感謝して、人生と宇宙の問題を解決する喜びで、天下を抱く心情でアボニムと一緒に摂理の一線に立った過ぎし日を懐かしく思います。

 

その後大邱(テグ)、大田(テジョン)、光州(クァンジュ)、釜山鎭(プサンジン)教会を開拓しました。65年間真の父母様を証拠(証し)し、精誠を尽くし、人類復帰の為にアボニムと共にみ旨を成して差し上げようと、身もだえしながら生きた日々を懐かしく思います。

 

開拓時代は言葉で表すことが出来ない苦労もしました。あまりにお腹がすいて食べ物屋の門の前に立ってコムタン(牛の骨を煮込んだスープ)の臭いをかいで空腹を慰めていた若き時代。その時々に神様と真の父母の激励と勧告、その愛、幸せだったその時が、今も私の心を感動させてくれます。

 

私の65年のその歳月は、神様と真の父母はご存知でありましょう。私は再臨主様に会えたことが夢なのか真なのかわからず、一人で狂った人の様に道を歩き、踊りを踊りました。

 

私は生きている間に再臨主様に出会えたゆえ、私は何でも出来ぬことはない。「私は死ぬとしてもこの道を行かなければならず、死んでからもこの道を行きます」と誓い進んだ道です。アボニムのみ言は本当に威力があり、私を統一原理に気が狂ったようにさせました。

 

しかしある日、晴天の霹靂のような言葉が聞こえて来ました。韓オモニムは「私は原罪がなく腹中で出生する時から3代が清い純潔で出生されたが、アボニムは原罪と共に出生された」と言いました。どんなに理解しようとしても理解が出来ず、数日に渡り苦痛の中、身もだえしました。私の信仰的良心では受け入れることが出来ませんでした。

 

「私はメシアであり、母の神様だ」と言う言葉も理解出来ません。「二千年キリスト教が独生女である私を待っていた」という言葉をキリスト教徒達が聞いたら笑ってしまうでしょう。

 

無理やりに信じることは出来ません。

 

女性はメシア、再臨主になることは出来ないと見ます。

 

オモニムはご自身が再臨主であるアボニムの位置よりも、もっと高く大きいと見ています。アボニムの位置を格下げして、オモニムの位置を格上げすることを私は信じることが出来ません。私はもっと研究してみて、神様とアボニムがどの様に見られるのか祈祷してみます。

 

この様な全ての事を私は受け入れることが出来ず、異なる道を歩もうと思います。私の心配はなさらず、愛し、見守って下さる食口であられること信じます。

 

私がそんなにも愛したオモニム

 

このような事がなかったなら、誰が私を教会から押し出したとしても離れません。私はこのようにオモニムの傍らを懐かしみながら、オモニムを愛して来た人の一人です。今、私が離れても何時も忘れず、オモニムを記憶し愛そうと思います。

 

そしてもっとアボニムの近くへ、もっと近づこうとサンクチュアリ教会に私は行きます。

 

私は高齢ですが、私がサンクチュアリ教会に来たことは、私の考えと意思で決定したことであり、神様のみ旨と真の父の勧めによるものと考えます。だから私はペンシルバニアサンクチュアリ教会に来たのです。

 

どうか、お体を大切にして下さい。オモニム、さようなら。霊界に行ってお会いしたいと思います。

 

2016年12月21日   


康賢實 拝

 

 

和訳:「鷹」
英訳:安藤マサコ

 

<鷹の目>(結語)


康オモニムは、信仰的良心から、韓オモニムの言質を受け入れられないと明言されています。アボニムが聖和されて、家庭連合の上層部に変化があったことが既に異様です。康オモニムの御指摘は、見事に的を得ています。今更の観はありますが、「アボニムは原罪を持ち、韓オモニムは無原罪で生まれたとか、自らメシアであり、母の神様であり、キリスト教は独生女を待ち望んできた」などというお話は、正統な食口には、荒唐無稽です。狂乱されたのかと思います。これらのことは、アボニムの御言葉と伝統を根底から、覆していると思います。色々な解釈を付ける人もいるようですが、アボニムの時になかったお話が俄かに出て来ること自体が欺瞞です。また、虚偽が既知であっても、それを自浄できない組織はいずれ衰退するでしょう。

 

アボニムの御言葉を思い出します。「人間を信じてはいけない。神様を信じなさい。」統一食口は、神霊に問い質し、真理に照らして、目覚めてください。

 

 

●「成約摂理の破壊者韓鶴子女史の罪の解明30提題」
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 


●共感した方は応援クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村●連絡がとりたい方はメールでお願いします。maile-address: kawahara@yui0123.com