「家庭連合」の研究。

「世界平和統一家庭連合」は神に帰れ。

●基督は、ユダヤ教・キリスト教の伝統の基に使命を果たされます。「聖書」と「原理講論」に帰り、成約聖徒としての使命を全うしましょう!

「韓鶴子オモニ」のビックリ原理理解度の検証!(神は二元論?後継者は孝進様の息子さんなの?)

 

f:id:touituseiden:20190221005258p:plain

 

韓鶴子オモニ」のビックリ原理理解度の検証!(神は二元論?後継者は孝進様の息子さんなの?)

 

●はじめに

以下は2018年3月18日の公式会議(Famicon 2018)において、「韓鶴子女史」が語った公演における発言要旨の翻訳です。その「韓鶴子女史」の問題発言に対して「ジム・スティーヴン氏」が解説した文書を併記しています。
この文書を読めば、文鮮明師の聖和後に韓鶴子女史が「家庭連合」を「異次元の宗教団体」に作り替えてしまった事を、誰でも納得せざるを得ないでしょう。

 

●●韓氏オモニ問題発言・その1
エス様には何が起こりましたか? イスラエルは責任を果たしましたか? 結果として、旧約時代は古い摂理となりました。

●JIMの解説
彼女は、旧約はもう重要でないから廃棄されたと言っているのですか? 後でアボニムの成約時代も古い、つまり、死んで行ったと言っています。アボニムはいつも、旧約と新約に基づいて語り変わっていません。


●●韓氏オモニ問題発言・その2
三位一体は何処から来ましたか? カトリックは、父と子と御霊を語ります。そして、三角形を描きます。イエス様は三位一体を語っていません。

●JIMの解説
エス様は聖霊を語っています。多分、イエス様は三位一体を語っていませんが、カトリック教会と争うのですか??彼女は「女性」を上げたいようです。


●●韓氏オモニ問題発言・その3
生物の誕生は男性からは始まりません。誕生は母を通して成されます。天の父母様の中に、天の父があれば、天の母もあったはずです。よって、現行の三位一体の定義は誤りです。

●JIMの解説
何が言いたいのかよく分かりませんが、母が最も重要で「創造の起源」と言いたいのでしょう。原理は「三位一体」を説明しています。彼女は、それが誤りであると言っています。天の母ということは、真の父母様は天の父母様の中に居て、彼女は神様の中にいることになります。彼女はもはや人間ではありません。彼女は一度亨進ニムに怒鳴りました「私は神である」。


●●韓氏オモニ問題発言・その4
新約時代も過ぎ去った古い時代となりました。真の父母様を通して、成約時代を迎えましたが、成約時代も古くなっています。2013年に、独生女、真の母が、基元節を宣布し、天一国の年が始まりました。よって、私達は、今、成約時代ではなく、天一国の時代に生きています。

●JIMの解説
新約時代は古く過ぎ去ったものです。これを無視し、彼女の話を聞きなさいということです。成約時代も古く過ぎ去り、今は、彼女の王国において位置を得る時です。と言っています。


●●韓氏オモニ問題発言・その5
人類の中で、真の父母様を知らない人はいません。さらに、独生女、真の母がここに居て、現代の摂理を導いていることを知らなければなりません。

●JIMの解説
2000年のキリスト教の後に、韓氏の血統から無原罪で彼女が誕生したということが、彼女の教理においてはとても重要です。他の講演では、真の父母様は、彼女自身とイエス様であると言っています。文鮮明(アボニム)とその業績を破棄しています。


●●韓氏オモニ問題発言・その6
メシアの再臨とイエス様が2000年前にそうであったように、サタンと無関係な天の血統から来た独生女の降臨では、何れが重要でしょうか? 独生女が生まれていなければ、再臨主は真の父母様の位置に立てなかったのです。

●JIMの解説
彼女は、メシアの再臨よりも、独生女の誕生が重要であると言っています。アボニムはいつも言われました。妻は堕落の血統から復帰しなければならないと。韓鶴子氏の前に、二人の奥様がいました。


●●韓氏オモニ問題発言・その7
独生女を冒とくする者には、救いはない。」と説明しています。

●JIMの解説
.自身を「聖霊」と同等と見ています。彼女に歯向かう者を「救いはない」と言って脅迫しています。


●●韓氏オモニ問題発言・その8
真の家庭の家族について、幾つか問題があります。天の摂理が分かっていないのです。彼らの一人が長子になることを主張しています。

●JIMの解説
亨進ニムが長子になりたいと言っていますか?違います。アボニムが彼を相続者、後継者に指名したのです。このことは、当時皆知っていたことです。


●●韓氏オモニ問題発言・その9
過去も将来も、天地人真の父母様はいません。これは、相続者や後継者という概念がないと言うことです

●JIMの解説
アボニムは、亨進ニムと妍雅ニムの入念な戴冠式を三回も司式されました。皆知っていることです。韓鶴子氏の道はなくなりました。「相続者や後継者という概念はない」これは、断固そして、直接のアボニムへの反逆です。神様の血統に対する願いに、全く反しています。


●●韓氏オモニ問題発言・その10
天地人真の父母様の伝統の継承は、長子の位置に立った人を中心に成されます。つまり、この息子は高聖職者の血族です。それぞれの国において、国に責任を持った高聖職者がいます。摂理全体では、真の父母様を中心とする伝統が立てられ、長子の血統が世代を通して使命を継承します。

●JIMの解説
とんでもないことです。高聖職者の血族とは聞いたことがないです。彼女は独自の道を行きたいようです。全体として、「愛と生命と血統、最も重要なのは血統である」と言われたアボニムの教義とは違います。神様は、アダム・エバの時から、地上に神様の血統を立てようとされました。彼女は、長子の血統、つまり「孝進ニム」の血統を立てようとしているようです。


●●韓氏オモニ問題発言・その11
繰り返します。私達の行く道を阻む混乱や分岐はありません。道は一つです。

●JIMの解説
彼女の権威や新しい教義に疑問を挟むなということです。考えるなということです。それが彼女の望みです。


●●韓氏オモニ問題発言・その12
私は、久しく耐えて待っていました。私は、天の父母様の娘として生まれ育ちました。私に、誰も原理を教えなくても、天の摂理を知っていました。若い時に決心しました。摂理の主体となりました。生涯において、天の父母様の夢を実現することが私の思想です。

●JIMの解説
彼女に誰も原理を教えなかったので、彼女は知らないのです。摂理の主体になったのですか? 彼女が今立っている基盤はアボニムが立てたのではないですか??彼女は救い主ですか? 彼女は文鮮明師の名前すら出しません。


●●韓氏オモニ問題発言・その13
将来、原理は多くの改定が必要です。つまり、成約時代以降の教義が不十分です。私は、世界中の人類が、真の父母様の業績を内外共に経験できるような、そして、真の父母様に同参し摂理を容易に理解できるように基盤を確立して準備しました。

●JIMの解説
原理を改定するのですか。誰も霊界にいらっしゃるアボニムがそのように訴えるのを聞いていません。彼女は、アボニムのみ言「成約時代以降の理論」が不十分と言っています。アボニムは同意されないと思います。彼女が全て自分でしていると言っています。アボニムの基盤を全く認めていません。自分が全てしたように思っています。

 

(翻訳:「鷹」)

●根拠論文はこちら↓ 

http://files.constantcontact.com/2bd8186d401/d6e7d158-2e74-47a8-a325-774097ea5946.pdf

 

 

●おわりに(鷹の目)

1)天の父母は「二神論」つまり「二元論」です。二元論が誤謬であることは、唯物論者でも知っています。

2)新説においては、三位一体ではなく、四位(天の父と天の母、真の父と真の母)一体です。四位一体論を支持する人はいるのでしょうか。

3)基元節を宣布されたのは、真の父母様ではないですか。真の父(アボニム)と真の母(韓鶴子氏)は一体のはずですから。

4)現代の摂理を導いておられるのも、真の父母様ではないですか。真の母のみが強調されています。

5)独生女がいなくても、真の母は、世界中の女性の中から選ばれた方が、責任を果たせば、立つことができたはずです。

6)独生女の根拠が聖書のどこにあるのでしょうか。あるいは、他の預言書等にあるのでしょうか。

7)相続者や後継者という概念がないと言いつつも、長子の血統が使命を継承すると言っています。東洋や韓国における社会通念と、アボニム(=再臨主)の最終決定事項の何れが重要でしょうか。

8)生前のアボニムが、権威を相続し、真の父母様に代わって、全てのことに関与できる相続者を指名されたにも関わらず、異を唱え、別の道を歩んでいるのはどなたですか。

9)そもそも、天の父母という、二元論の虚構と、神様の摂理は相対するのでしょうか。

10)経典への加除は、私事の始まりと言えます。新約聖書においても、釘が刺されており、アボニムも、み言への加除を厳に戒めておられます。

11)基盤を確立し、準備されたのは、真の父母様ではないですか。なぜ「私」が強調されるのでしょうか。

 

●私のひとりごと

私見ですが、韓氏オモニの「彼らのうち一人が長子になることを主張しています」という発言は、三男の顕進様のことをいわれたのではないかと思います。なぜなら、顕進様は講話でよく自らを長子という表現を使うからです。

●「長子の血統が世代を通して使命を継承します」という韓氏オモニの発言は、「孝進様の息子さんに継承しますよ」という意味の発言と理解して間違いなさそうです。なぜなら家庭連合在籍時に本部役員の方に誰が後継者になるか尋ねたところ、「孝進様の夫人のヨナ様が自分の息子を後継にとオモニに積極的に働きかけている」と聞いた事があります。(実は水面下では既に激しい権力闘争が始まっています)

●「独生女を冒涜するものには救いはない」という言葉は、「独生女」のテーマでブログを書いている私達が「真っ先に地獄に落ちる」事になりそうです。これはもう思想統制魔女狩り裁判の世界です。(いのり)

 

 

 

●「成約摂理の破壊者韓鶴子女史の罪の解明30提題」
ダウンロード↓は下記からお願いします。

drive.google.com

 


●共感した方は応援クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村●連絡がとりたい方はメールでお願いします。maile-address: kawahara@yui0123.com