「家庭連合」の研究。

「世界平和統一家庭連合」は神に帰れ。

    ●基督は、ユダヤ教・キリスト教の伝統の基に使命を果たされます。「聖書」に帰り、成約聖徒としての使命を全うしましょう!

安倍首相・国会議員への提言

f:id:touituseiden:20180523112858j:plain

北海道大学CARPの大先輩、宇佐美優さんからの投稿です。日本国の針路をシンプルかつ的確に示した安倍首相への応援メッセージです。是非お読み下さい。 

 

 

 

安倍総理国会議員への提言

 

平成30年5月


宇佐美 優  Yutaka Usami

 



安倍総理
を筆頭に、国会議員の皆様が、日々、国家のために精励・奮闘されておられることに敬意と謝意を表します


国政を司る方々にあっては、この国の50年100年後の展望を抱かれて今から諸事に遅滞なく対処して頂きたいと思います


以下に、所信を記します。

 

 


提言1.  日本を真の独立国として頂きたい


国家の基盤である国防を他国に依存することは恥



(1) 憲法を改正し、自衛隊を明文化し、国防軍とする。兵力は、諸外国並みに人口の0.4%程度50万人とする(現行の2倍)。25万人徴兵制の復活で確保する。



(2) 日米安保条約を改定または廃止し、日米相互防衛条約とする。さらに、日韓日豪日印日ロ相互防衛条約を締結し、中華人民共和国(中共)を包囲する。


将来、米中が開戦となって、米国が日本を切り離しても、日本は独立国を保つために、独自の核武装が必要である。



(3) 在日米軍の規模縮小、処遇改革。不平等な日米地位協定を改定または廃止する。




提言2.  固有の領土を保全して頂きたい

 

基本的に国土を外国人には売却しないことが肝要


 

(1) 中共は、北海道や九州、沖縄の国土を買収している李克強北海道を視察したことを看過してはならない。

これ以上、外国人に国土を渡すことは、法的に規制する必要がある。



(2) 北方領土竹島は、継続して国際司法に働きかけて、返還を勝ち取る



(3) 尖閣は、早期に港湾ヘリポートなどを整備する。最近の中共の出没を見ても、南シナ諸島における動向と類似しており、中共の意図は明確である。尖閣の確保をさせる前に、先手を打つ必要がある。

 

 

提言3.  人的資源を確保して頂きたい

 

人口構成 = 社会の骨格を大きく変化させないことが肝要



(1) 少子化を前提としないで頂きたい。2004.12の12,780万人をピークに、2100年には、人口は6,400~3,800万人まで減少すると予測されている。

この主要因は少子化であり、出生率を上げることが急務公務員を半減して、浮いた人件費を子育て支援に充てる。まず、一人生まれたら、無条件で国は100万円を交付する

更に、子育て減税を拡充する。児童に対して、誕生から、年間一人60万円程度の控除を22歳まで実施する



(2) 教育の無償化はしないが、奨学金を拡充し、希望者は、全員大学まで行けるようにする留学生を優遇することは廃止する。国費を付与された留学生には、10年間の在日勤務を義務付け、日本国籍取得を奨励する



(3) 優秀な外国人の移住(日本国籍取得)を奨励する。多民族国家とする。但し、中共のように多数の留学生を送る国は、要注意国家である。その真意・意図をよく調査し、対処する必要がある



(4) 異文化、異宗教の民族を多数受け入れることは、文化の保存に対しても摩擦軋轢が生じる人倫・道徳の低下に対しては、当面、法律・罰則の強化によって対応する

 


 

提言4.  物的資源を確保して頂きたい

 

大災害や有事において、補給ルートやシーレーンが確保できなくなる状況への対処が肝要


(1) 食糧自給率向上に努める。現状の39%から諸外国並みの70%を目指す。輸入青果の毒性検査の強化農耕栽培の効率化水産物自給率向上への補助金の創出



(2) エネルギー自給率の向上に努める。現状の6%から戦前・戦後の60%を目指す。石油・ガス・石炭に代わる自然エネルギーの普及奨励と補助金の交付原子力燃料の国産化ITERに代わって、独自の核融合炉を開発する。



(3) 食糧、エルネギー、資源等の備蓄拡充

f:id:touituseiden:20180523110421j:plain

以上

 

●たくさんの人が見れるようにクリックをお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村●連絡がとりたい方はメールでお願いします。maile-address: kawahara@yui0123.com